マイナス金利って何?一般家庭へのメリットとデメリット、防衛策とは。

先日、日本銀行は追加金融緩和策として、「マイナス金利」を2月16日から導入するとの発表がありました。

発表直後から株価市場は乱高下し、一応プラスで終了したものの方向性は不明です。

ところで、「ゼロ金利」は聞いたことはあるけど「マイナス金利」って何でしょう?

スポンサーリンク

マイナス金利とは

通常、民間の銀行から日本銀行にお金を預けると年0.1%の利子を受け取ることができます。

しかし「マイナス金利」の状況下では、逆に銀行から日本銀行へ0.1%の金利を支払わなくてはならなくなる。

つまり損をするのです。

ですので、銀行は日銀にお金を預けることを控え、民間企業に貸すようになります。

それによって市場に出回るお金の量を増やし、景気をよくしていこうという政策です。

マイナス金利のメリット

住宅ローンなどの金利が下がる可能性があります。

これからローンを組む予定のある方、借り換えを考えている方にはメリットがあるかもしれません。

マイナス金利のデメリット

「マイナス金利っていうことは、銀行に預けておいた預金にも逆に金利を取られちゃうんじゃないの?」

わたしもそう思いました。

でも、安心してください。

一般家庭が銀行にお金を預けていたからといって逆に金利をとられるわけではありません。

あくまで民間の銀行と日本銀行との金利です。

しかし、ただでさえ低い預金の金利がさらに低下する可能性はあります。

防衛策としてできることを考える

個人的にはこのまま銀行預金に頼るスタイルではデメリットが大きいと感じています。

「マイナス金利」状態が続くとインフレが進行する(お金の価値が下がる)と言われています。

つまりお金を銀行に預けているだけでは物価上昇に対応しきれない。

個人レベルで何かしら対策を考えていかなければならないのです。

だからといっていきなりハイリスク投資をおすすめしたい訳ではありません。

そしてひとつのものに全力投球するのではなく、景気に連動する商品(株や債券)、不動産や金などの現物資産など、分散投資を心がけるべきだと考えています。

わが家も少しずつですがセゾン投信ひふみ投信で投資信託の積立、SBI FXトレードで外貨の積立をしたりと、日本円以外の資産を持つようにしています。

あとは田中貴金属で金の積立と、マネックス証券で米国株の取引をしています。

今回の「マイナス金利」の発表を受け、もうすこし積極的に投資に資産を振り分けようかと考えています。

投資信託は長期で取り組むことでプラスになる可能性が高くなります。

10年、20年の長いスパンで取り組んでいこうと考えています。

株の配当金がありました。こつこつ自動積立投資わが家の現在の状況。
ダンナさんの会社には持ち株制度がありまして、毎月お給料から一定の金額で株を積み立てています。 額は月5,000円。そこに会社が少し上乗...

まとめ

以前からお金を銀行に預けていては資産の目減りに対応できないと色々な方が言われていますが、ますますそんな時代になってきました。

「知らなかった。」

「教えてもらっていない。」

いくら政府や周りのせいにしても結局困るのは自分です。

自分で考え、行動していくことが大切だと改めて強く感じています。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly