主婦の副収入。オークションやフリマの売上って確定申告の必要があるの?

そろそろ確定申告の季節ですね。

わが家も昨年の医療費が10万円を超えたのと、年末に加入した生命保険が年末調整に待ち合わなかった関係で、確定申告の必要があります。

その中で、オークションやフリマの売上も確定申告の必要があるのかな?と気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

調べてみると、単に家の不用品を販売しただけか、事業としての売り上げかによって確定申告の必要性が変わってくるようです。

家の不用品を販売した場合

国税庁のHPには所得税の課税されない譲渡所得として、下記の記載があります。

生活用動産の譲渡による所得

家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。
しかし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。

国税庁「譲渡所得の対象となる資産と課税方法」

個人が家にある不用品を売却した場合(1点30万円未満)は課税対象ではないということになります。

仕入れて販売した場合

例えば材料を仕入れてハンドメイド品を販売したとか、転売目的で仕入れたものを販売した場合、金額によって申告の必要性が出てきます。

確定申告が必要になる場合

所得が基礎控除以上か以外かがポイント

所得税法の規定の中には基礎控除というものがあります。

  • 会社員…20万円
  • 専業主婦…38万円

所得が上記の金額を越えてくると確定申告の必要性があります。

ちなみに所得とは、「総収入金額」から「必要経費」を引いた金額になります。

所得=総収入金額-必要経費

必要経費は一般的に、「業務に関連がある費用」あるいは「業務上の必要性がある費用」と解釈されています。

経費として認められるもの

  • 出店会場までの交通費
  • 出店料
  • 材料費
  • 関連の書籍
  • ネット関連
  • パソコン代

などなど

経費として認められるには領収書やレシートなどが必要となってきますので、確定申告の可能性がある方は日頃からもらう癖をつけましょう。

まとめ

税金のことって「知らなかった」では済まされない時代になってきています。

しっかり勉強して節税できるところはする、納税すべきところはする。

きっちりやっていきたいですね。

「これはどうなんだろう?」と迷うことが出てきた場合は自己判断せずにお住まいの地域の税務署にご相談くださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly