家選びで無理しない。身の丈に合った物件と住宅ローンのポイント。

わが家がそもそも家を買おうかなと思ったのが、マンションのモデルルームを見に行ったのがきっかけでした。

たまたま友達との待ち合わせまでに時間があり、その待ち合わせ場所のショッピングモール隣に建設中だったマンションです。

地元では有名な建設会社のブランドマンション。

ちょっとした高級住宅地に建っており、学力が高い中学校の校区ということもあって人気の物件でした。

お値段は5,000~6,000万円くらいだったと思います。

でもいま冷静に考えると、この物件に住んでいたらしんどかったかな?って思います。

スポンサーリンク

家選びの優先順位

所得が高く、子育てや教育に熱心な地域だとその分出て行くお金も多いです。

おそらく、お金持ちの近所の人に合わせるために、こちらも見栄を張るような暮らしをしたんじゃないかな?って思います。

人気の地区ではありますが、駅まで距離があること、交通の便がすこし不便ということで通勤にも時間がかかります。

ダンナさんに十分な所得があり、家事や教育に熱心な専業主婦の奥さんなら満足して暮らせたかもしれません。

でもわたしたちのしたい暮らしとは違いました。

周囲の「あそこはいいところよね。」っていう評価に流されずに、

自分たちが「どんな暮らしをしたいか?」「何を優先したいか?」

とうことをよく考えることが大切です。

身の丈に合った住まいとは?

それまでは家なんて全く買うことを考えていなかったのに、モデルルームの素敵なインテリアなどを見ると一気に夢が広がった感覚を覚えました。

夢をみるのって悪いことではありませんが、家の購入の場合は身の丈に合っているか?お金を払う価値があるのか?現実をしっかり見ることが大切です。

「なんとなく毎月返せるんじゃない?」って契約した後で現実に気づいても苦しい返済が待っています。

マンションの場合、月々の住宅ローンに加え、駐車場代、修繕積立金、共益費などの費用がかかってきます。

一戸建ての場合は月々の住宅ローンと固定資産税、そして修繕積立は自分たちで行わなくてはなりません。

全部を月々の支払いにならしてみると、思ったよりも月の出費が多いことに気づきます。

現状維持できるという前提でめいっぱい住宅ローンを組み、ボーナス払いも併用するのは住宅ローン破産の可能性が高くなります。

収入ダウンがあったら?妊娠、出産で奥さんの手取りが減った場合は?

ということも考慮する必要があります。

まとめ

ちなみにわが家はそんなこと考えていませんでした。

お金に対する知識が足りていなかったなぁと反省です。

これから家の購入を検討される方には、とにかく資金面でも生活レベルでも無理しないこと!そこに気をつけてほしいです。
関連記事

・一戸建て購入のメリット、デメリット。家を買う前に考えておきたいこと。
・一戸建てを建てる時の注意点。外構費込のはずなのに別途費用発生?
・家の資産価値について考える。近所の中古一戸建ての販売価格調査。
・家は買わなくても死なない。不動産屋と大喧嘩したときの話。前編
・家は買わなくても死なない。不動産屋と大喧嘩したときの話。後編
・家の設計で失敗した点。システムキッチンに付け忘れたもの。
・契約直前の新築マンションを買うのをやめた理由。購入前の注意点。
・家選びで無理しない。身の丈に合った物件と住宅ローンのポイント。
・家の購入について。住環境を優先するか?交通の便を優先するか?
・うつ病で住宅ローン破産の結果、離婚した友人を目の当たりにして。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly