小銭を節約できても、大きなお金や幸せを得られないのは○○な人。

ひとからはもらうのに自分からはまったく与えない。

そういうケチな人って小銭は貯まるかもしれませんが、大きなお金や幸せには恵まれません。

スポンサーリンク

わたしはどちらかと言うと、ぼーっとしたタイプですが、「結構人のことをよく見てるね。」と言われます。

発言に裏表がある人、嘘つきな人、ケチな人ってなんかすぐわかるんですよね。

会社にもいるんです。40代の女性ですが。

昼休みに話す内容は安く買えたものの自慢話。

先日も「1円でも安く買いたい。そのためには色々探し回る。」と言っていました。

会社の商品を「社販で安く買えないかな?」って言われましたが適当にスルーしておきました。

どこかに旅行に行っても内緒にして絶対にお土産は買ってこない、けど絶対にもらう。

ダンナさんの実家にも「お金がかかるし気を使うから。」とほとんど帰省していないらしいです。

服装には無頓着なのに、やたらとネイルだけは凝っていてそれも違和感を感じます。

わたしは他人のことは「どっちでもいい。」というスタンスですが、この人と話すと価値観が違いすぎて「無理!」ってなります。

なので、この人とはできるだけ関わらないようにしています。

仕事上の接点は多くないのが幸い。

離れたところから見て「この人はお金や人間関係には恵まれないだろうな。」って思います。

本当、余計なお世話ですけど。

わたしもお金を貯めたいし無駄なものには使いたくない。

だけど、この「自分には優しいけど他人には気もお金も使わない。」にはなりたくないなーと思ってしまいます。

小銭を節約して、もっと大きなものを得られるチャンスを失っている。

「この人のためになにかしてあげたい。」と思わないので、いい情報を得ることもできない。

お金はめぐるもの。

使ったらまた自分のところに返ってきてくれます。

見返りを期待するのではなく「こうしてあげたいな。」それでいいんだと思います。

人に配慮し、時々お金も使うことで、だんだん人間関係やお金のめぐりがよくなっていることをわたし自身も感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly