「なんとなく使う」をやめていく。敷き布団を断捨離することにしました。

この度、寝室の敷き布団を処分することに決めました。

最初に説明しておくと、敷布団の下にすのこベッド+マットレスがあり、敷布団はなくても問題なく眠ることができます。

なぜこんな形になったかというと…

いまの家に引っ越してから最初にすのこベッドと敷布団を購入しました。

その後、「もっとクッション性がほしい。」というダンナさんの要望があり、IKEAでマットレスを購入。

まだ新しかった布団を処分することもできず、マットレスの上に布団を敷いて同時使用することになりました。

下から順に、すのこベッド+マットレス+敷き布団(カバー付き)+敷きパットという感じ。

どうしても必要という訳ではなく、「あるから」という理由で使っていました。

スポンサーリンク

捨てるか買い換えるか?

アイテムが多いことで週末に布団を干すことや掃除機をかけることを若干手間に感じていました。

「どうにかしたいな。」と思いながらきっかけがつかめないままでした。

そうこうしているうちにある出来事が。

それはダンナさんの敷き布団のカバーが破れたこと。

うちのダンナさん、めっちゃ寝相が悪いんです…。

カバーにかなり無理な力がかかっていた模様。

敷き布団自体もけっこうへたってきていること+カバーの買い替えコストを考えたときに、「捨ててもいいかな。」という考えが出てきました。

ダンナさんに相談するとあっさり「いいよ。」とのこと。

やったー。

もっとものを減らしたい

というわけでとりあえずこんな感じになりました。

ベッド

本音を言うと、もっとサクサク断捨離してミニマムな生活を送りたい。

でも、ダンナさんはものを捨てるのがあまり好きではありません。

無理やりものを減らすことはできないので、ゆるーく進めていきたいと思います。

以前、寝室の断捨離について書きました。

寝室の改善を模索中。新しいものを買いたい時は断捨離のチャンス。
最近ダンナさんが「こどもの布団買わへん?」って言ってきました。現在シングルサイズのすのこ+マットレス+敷布団をくっつけて夫婦+こどもで寝てい...

本当はすのこベットとマットレスを処分して、敷布団のみにしたいと考えています。

ダンナさんはマットレスに関してはまだ処分する気はサラサラないようなので、タイミングを探していきたいと思っています。

「あるから使う」のではなく、「好きだから使う」生活を目指して。

ちいさいけれど、まずは一歩前進です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly