老後のお金で生活費以外にかかるもの。心に余裕を持って暮らしたい。

老後の生活費以外に、余裕を持っておきたいなーって思うこと。

それは、こどもや孫関係のお金です。

スポンサーリンク

シルバーウィークはわたしの実家、先日の3連休はダンナさんの実家にお世話になっていたのですが、食事に行ったり出かけたりすると親が「出してあげるよ!」ってことが多かったです。

1家族でレジャー施設に行き、外食するとそれだけで数万円かかりますよね。

そういったお金をどっちの親も全額出そうとしてくれます。

本当にありがたいことです。

でも別に大金持ちでもなんでもないただの一般家庭です。

やっぱり全部は心苦しい。

なので、最近気をつけていることは

  • 手土産は甘いお菓子ではなく、そのまま夕食のおかずになる魚介類やチルド食品などを選ぶ。
  • 外出する際の費用は一部はこども家族で負担する。
  • 自分の親と義親は同じような感じにする。
  • 結婚して別世帯なので親に甘えすぎない。
  • 滞在中はできることは手伝う。

普通のことばかりですけどね。笑

肉親でも気遣いは大切かなって思います。

さて、自分たちが孫を持つ世代になったときはどうでしょう?

実際どうなっているかはわかりませんが、もし孫がいるようならできれば色々してあげたいなって思うだろうな。

「生活が苦しいから。」と外食も旅行も一緒に行けないのは寂しい。

円滑な人間関係のためには、ある程度のお金は必要だと思います。

でも期待されすぎたり、甘えられすぎても困りますけどね。

この辺のバランスって大切かなって思います。

過剰に援助やプレゼントはするつもりはないけど、たまに一緒に旅行に行ったり美味しいものを食べたりはしたいなぁって思います。

わが家も一般家庭ですぐに老後資金を用意することはできません。

そういう意味も含めてセゾン投信でこつこつ積立投資しています。

時間をかければ小額でも大きく育つ可能性があります。(もちろん減る可能性もあります。)

何もしないよりは色々考えて行動してみる。

ひとつの皿に大きく盛りすぎず分散投資を心がけ、大きくケガをしないように気をつけること。

そういう風に時間を味方につけて、資産を育てるのも楽しいものです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly