【断捨離】流行に合わせて漫画本を売却。とうとう所有数0へ。

昨年、漫画本を250冊以上、手放しました。

【夫婦の断捨離】漫画本を250冊断捨離。ついでに本棚も手放します。
家族がモノを全然手放してくれない。 そんなことで困っていませんか? わが家も少し前まではそんな状況でした。 「これ使ってい...

その時点でわたしの所有物として手元に残っていたのは「3月のライオン」のみ。

完結まで集めて満足したら手放そうかな?と思っていましたが、それより前に手放すことにしました。

スポンサーリンク

手放そうと思ったきっかけ

それは「3月のライオン」がアニメ化&映画化されたこと。

「いまなら需要も多く、手放しやすいはず。」

そう思ってメルカリに出品してみました。

結果、1週間ほどで無事に売れました。

これでわたしの所有する漫画は0になりました。

これがブームが過ぎた後だったら手放すのにもっと時間がかかったでしょうし、希望の価格では売れなかったと思います。

リサイクルショップなどでも持ち込む時期によって買い取り価格が変わったりするので需要と供給のバランスも手離すタイミングには大切なんですね。

本当に好きで買っているのか?自分に問う

3月のライオン」は感動あり、笑いあり、グルメありで本当に好きで買い始めた作品でした。

でもいつの間にか続きを惰性で購入している自分に気付きました。

本当に好きなら発売日も事前にチェックして発売日当日に購入していたはずですが、ネットや本屋さんで「あ、もう新刊が出てるんだ。」と気付いた時に購入するようになっていました。

今後はレンタルコミックなどを利用して続きを楽しみたいと思います。

まとめ

漫画に限らず本は大好きです。

でも所有し続けることには魅力を感じなくなってきました。

できるだけきれいに保とうと思うと、スペースの問題やホコリや日焼けなどメンテナンスの手間もかかります。

「いますぐ読みたい。」

「大好きで手元に置いて何度でも読みたい。」

そんな本であれば購入してまた時期がくれば手放す、そんなスタイルでいきたいなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly