【実家の断捨離】大量の紙類を捨てずに使ってもらえました!

先週末は父親の手伝いのために実家に帰省していました。

毎回、実家に帰る度にしていること。

それは元自分の部屋の断捨離です。

スポンサーリンク

大量の紙類を発見

以前、自宅の断捨離の際にも大量に出てきた紙類。

断捨離をして量の多かったもの。第一位は衣類、第二位は意外なものでした。
断捨離をして量の多かったもの。 第1位はやはり衣類でした。 1枚1枚がかさばる上に、着ていない服ほどキレイで手放しづらい。 ...

実家のタンスの引き出しからまたまた大量の紙が出てきました。

B4サイズの紙が10色程度、合計300枚ほど。

まとめるとかなりの重量感。

おそらくわたしが芸大に通っていた時に購入したものです。

結構しっかりした素材感で普通のコピー用紙よりはいい紙質ですが、とはいえ自宅での使い道も思いつかず。

いっそ捨てようかな?と思ったのですがその前に1件だけ聞いてみようと思いつきました。

保育園で使ってもらえることに

それは息子の通う保育園。

クラスのみんなでお菓子の空き箱やラップの芯などを持ちよっては工作して持ち帰ってきます。

家でも資源ごみに出そうと洗って干していると「それ持っていってもいい?」と必ずチェックが入るほど工作に夢中。

だから保育園なら何かに使ってもらえるかも?そう思って先生に聞いてみました。

返事は「是非頂きたいです!」とのこと。

お絵かきや工作に使ってもらえたら、わたしもとてもうれしいです。

資源が無駄にならなくてよかった。

まとめ

自分が不要になったものでも誰かにとっては必要かもしれない。

一声かける手間を惜しまず、必要な場所に譲ることも考えておきたいなと思いました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly