お弁当作りの節約効果にびっくり。チリも積もれば山となるを実感。

お仕事をされている方に質問です。

お昼はお弁当派?外食派?

会社の人を観察していると、80%以上が外食かコンビニです。
専業主婦でも共働きでも作る人は作る、作らない人は作らないとはっきり分かれていますね。

わが家は一人暮らし時代も含めて、お昼は手作り弁当持参です。
ダンナさんもデザイナーで基本内勤なので一緒に作っています。

曲げわっぱのお弁当箱に憧れるけど高価なので躊躇していました。

スポンサーリンク

お弁当の節約効果

とはいえ「本当に節約になるの?」と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、手作りのお弁当でいくら節約できているのかまとめてみました。

期間は結婚してからの7年間。

外食の場合
平均値を1食800円と仮定。

800円×2人×20日×12ヶ月×7年=2,688,000円

お弁当の場合
月の食費から1食150円と仮定。

150円×2人×20日×12ヶ月×7年=504,000円

差額:2,184,000円

1日単位でみると数百円の差ですが、日々続けると大きな差になってきますね。

200万円以上の節約になっていたとは驚きです。
実際は光熱費などもう少しコストがかかるとは思いますが。

曲げわっぱのお弁当箱を買ってもいいかなという気になってきました。笑

お弁当のメリット

外食は作る時間の節約になりますし、色々選べていいと思います。
ただどうしても油が多かったり栄養が片寄るのが気になります。

母親が栄養士だった影響か、栄養や色味の少ない食事って気になるんですよね。
わたしは料理上手ではないし手の込んだ料理も全然できません。
冷凍食品とか加工食品も結構使っています。

また、お昼前に「何食べよう」と考え、行列にならんだりするのがそもそも苦手。
そしておじさんたちと一緒にいくと食べるスピードについていけない。

どうせ面倒ならと健康と節約も兼ねてお弁当を作った方がメリットが多いと判断しました。

日々のことって積み重なれば結構な額になります。
工夫してできることを増やしていきたいなと思います。

一番の目的は健康ですが、それが節約に繋がればなお嬉しい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly