どんな状況になっても気持ちに正直に、楽しんで生きられる人は強い。

3連休の2日目は、ダンナさんと息子と3人で、母の社交ダンス発表会を見に行きました。

今年で4回目の参加になります。

年に1度、県内のダンススクールがホテルの会場を貸し切って開催されるイベントなのですが、フルコースディナー付きで、お値段なんと1名19,000円!

これは母がいつも招待してくれるのです。ありがとう。

こちらからは演技終了後に渡す花束を用意していますが、そのお値段は5,000円程度。

全然釣り合いが取れていないわ…。

という訳でまた実家に帰ったときに色々手土産を持っていく+お手伝いをする予定です。

スポンサーリンク

息子は電車とシャトルバスに乗れる!ということで大興奮でした。

わたしもひさしぶりにフォーマルファッションでの家族でのお出かけがなんだか楽しかったです。

ホテルでは結婚式も行われていて、幸せのおすそわけをもらった気分です。

出演者の平均年齢は60~70歳くらいでしょうか?

おじさま、おばさまが多いですが、とても生き生きと楽しそうにダンスをされています。

今回の出演者の中で、目の不自由な方が2名いらっしゃいました。

ひとりは病気でほとんどの視力を失い、もうひとりは全盲の方でした。

でも、やっぱり好きなダンスを続けたい!と練習を重ね、舞台に立たれました。

目が不自由とは思えない、とても素敵なダンスで、楽しんで踊られているのが伝わってきました。

やっぱり、どんな状況にあってもポジティブに生きることって大切だなって思います。

周りになんと言われようと「自分の好きなことをする。」っていうのは素敵だなって思いました。

自分のことを自分が信じてあげればなんだってできる、勇気をもらえた気がします。

年齢や健康やお金など色々言い訳し出したらなにもできません。

まずは「なにが好きか」「どうありたいか」を考えてから、「どうしたらできるか」を具体的に考えていくことが大切です。

「できる」「できない」ではなく、「やりたいか」「やりたくないか」で物事を判断していくことが、幸せにつながる、そう感じました。

生涯楽しめる趣味って素敵ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly