不用品をお金にかえる。LINE MALLで40点を断捨離。

自分にとっては不用品だけど新品だったり美品だったりすると捨てるのには気が引けて断捨離が進まなくなることがありますよね。
そんなとき、わたしはスマホ用フリマアプリLINE MALL(ラインモール)を使って販売をしています。

スポンサーリンク

はじめてから5ヶ月。約10万と気づけばまとまった売上になっていました。
出品は新品がほとんどですが、中には数回使用した食器や雑貨もあります。
少し手間はありますが、普通のフリマより高値で販売できるのも嬉しくて楽しんでやっています。

売るコツ

ラインモールの注目商品を狙う。

TOPの商品がそれにあたります。ここに選ばれると、見てもらえる率がぐんとあがります。
経験上、画像と説明がしっかりしていれば結構載せてもらえます。

画像はきれいに撮る。

画像は重要です。背景にはできるだけなにも映らないようにし、明るい自然光で撮影します。

ただし、スマホのカメラで十分です。画像加工はしません。
写真アプリの編集機能でスクエア(正方形)に切り取って、自分のショップ内できれいに並ぶようにだけしています。

全体画像と上から裏から横からなど、買う側としてみてみたいと思うカットで撮影。
本体以外に部品があるならそれも撮影します。

説明は丁寧に書く。

購入時期、家での使用状況、保管状況、仕様はメーカーのHPからコピーして記載。
面倒がらずに最低限のことは書きましょう。

状態を正直に書く。

あとでトラブルになるのを避けるためにも、キズや汚れ、不具合、箱なしなどできるだけ細かく記載します。

ブランド。

検索からブランド名で探してみましょう。
自分が知らなくても、カテゴリーがある場合があります。

ブランドカテゴリーに登録できればみてもらえる機会も増えます。

価格設定。

検索で、同じような商品がいくらくらいで落札、出品されているのか確認します。
はやく売りたければその相場より安く設定します。

送料、配送方法。

LINE MALLは送料込(出品者負担)なので、配送方法と送料をいくらでみておくかは重要です。

わたしはざっくりと下記のように分けています。

  • 安価(A4サイズ、厚み3cm以内)→クリックポスト
  • 高価(A4サイズ、厚み3cm以上でもOK)→レターパックプラス
  • 大きくて軽い→定形外
  • 小さくて重い、こわれもの→LINE配送
  • 大きくて軽い、こわれもの→はこBOON

定形外は安価ですが受け取り確認ができないので、できるだけ使わないようにしています。
LINE配送はサイズ別の全国一律送料で、中継地点に着払いで荷物を配送し、そこから購入者の住所に発送されます。
お互いに住所を公開する必要がないので安心です。

定期的に見直す。

価格を変更すると検索画面で上にあがってきます。
価格を下げたくない場合、一旦違う価格に変更してすぐに元の価格で出品すれば値下げすることなく上位に表示させられます。

30秒くらいでできるのでたまにやっています。

それでも売れない場合は値下げしていきます。

まとめ

不要な品をお金にかえて、これ!と思えるものを手に入れられるのがいいですね!

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly