【持ちすぎない暮らし】こども服のお下がりの管理方法。

会社の先輩ママさんからこどもの洋服のお下がりをちょこちょこもらっています。

その方のこどもは一人っ子なのですが、周りは女の子ばかりということで頂くことにしました。

使う季節のちょっと前に、ブランドものできれいな状態のものだけを持ってきてくれます。

服の趣味もとてもいいし、そういった気遣いがすごくうれしいなって思います。

頂き物やお下がりって趣味が合わないと本当にキツイですよね。

わたしもこども時代に離れて暮らす親戚から届いたお下がり服の趣味の悪さにびっくりしました。

ほとんど着ずにこっそり処分した覚えがあります。

こども服もそんなに数は必要ないので数を厳選して持つようにしています。

スポンサーリンク

お下がりの選別

こどもが保育園に通っている場合、私服か制服かによって必要な服の数って変わってきますよね。

息子の保育園は制服のため、そんなにたくさんの私服は必要ありません。

せいぜい必要なのは下記のものになります。

  • 上着…2着
  • 休日に着る服…上下3着
  • 保育園に置いておく服…上下2着
  • パジャマ…3着

というわけで、頂いた中で着る服と着なさそうな服を厳し目にジャッジ。

今回は1/3程頂いて残りの2/3はフリマかヤフオクへ出品することにしました。

買い手が見つからなければそのまま処分させてもらおうと思っています。

お下がりのお返し

「お下がりだからお返しはいらない。」と言われているんですが、感謝の気持ちとしてささやかですがお返しをしています。

渡すものとしては家族で食べられる果物やちょっとしたお菓子。

わたしは気遣いができる人とこれからも付き合っていきたいし、大切にしたいなって思っています。

だから気持ちよくお返しもしたい。

そして「せっかくもらったんだから着ないと悪い。」「タダなんだし新しい服を買うのはもったいない。」

なんて思わずに、状況に合わせて持つ量を調節し、余ったものは他に流すということをこれからも意識していきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly