健康に投資することの重要性。稼げる自分でいることこそ最大の資産。

昨年、叔母が脳梗塞で倒れました。

幸い家族が側にいたためすぐに病院に搬送され、命に別状はありませんでした。

しかし、半身に麻痺が残りました。

まだリハビリ中ですし、これから回復する可能性もあります。

しかし杖をついたり家族に支えられて歩く姿は以前の元気な叔母の姿とは全く異なり、ショックを受けました。

一番違うと感じたのは「笑顔」でした。

スポンサーリンク

脳梗塞で倒れた叔母

父は長男で下に妹が2人います。

今回倒れたのは上の妹。

昔からとっても明るい性格で、いつも冗談を言ってはみんなを笑わせてくれました。

その血を受け継いだ いとこたちも、とっても明るくて面白い性格。

昨年、8人目の孫が生まれ、娘夫婦が関東からUターンして近所に住むことが決まり、充実した老後を過ごしていました。

父から聞いた話では、昔から血圧が高かったそう。

お医者様からも「定期的に検診を受けてきちんと薬を飲むように。」と言われていたようですが、全く聞く耳を持たず。

あまり治療に積極的ではなかったようです。

実際いつも元気でしたし、健康に自信があったんだと思います。

倒れて数日後にわたしの両親と妹がお見舞いに行ったようですが

「まるで別人のようだった。」

とのこと。

叔母からは笑顔が全く消えていました。

顔の麻痺もあったのかもしれません。

しかし一番は、自分の身に起きたことが信じられないし、信じたくない。

そんな心情だったんだと思います。

先日、実家でのお盆の集まりで久しぶりに会いましたが、髪も白髪が増え、少し痩せていました。

以前のような明るさが消え、表情も沈みがちでした。

椅子から立ち上がる時は、家族の助けがないと立ち上がれないのですが、

「そんなに急に立ち上がれない。もっとゆっくりして。」

と、イライラした感じでした。

イライラしていることに対して、周囲が気を使っているのが伝わってきました。

まとめ

人生を楽しく過ごすために大切なのは「健康で笑顔で過ごせること」なんだなと改めて思いました。

いまはまだ心の整理がつかないかもしれないけれど、叔母には笑顔を取り戻して欲しい。

以前、時間とお金は作り出すもの。シングルマザーの考え方が印象的でした。 という記事を書いたのですが「健康で稼げる自分でいることこそ、最大の資産」という言葉が印象的でした。

自分の心と身体が健康であれば、どんなことにも積極的に取り組める。

その結果、お金を稼ぐことができたり、家族に優しくすることもできます。

だからその土台となる「健康」に、これからも意識して投資していきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly