2016年から始まる「ジュニアNISA」。預け先は直販型投資信託を検討。

2016年4月から未成年者向けの制度「ジュニアNISA」が始まります。

期間 2016年4月から
2023年12月まで
制度の利用可能者 0~19歳
非課税期間 最長5年
年間投資上限額 800,000

こども本人ではなく親権者が代理運用する形になります。

こども名義の銀行口座からの引き落としになるのが面倒でいままで放置していましたが、教育資金とこどもの貯金を分けることにしたため、運用先にしてもいいかなと思いはじめました。

注意点としては18歳まで払出できないということです。

こどもが3月31日時点で18歳である年の1月1日以降、払い出しが可能となります。

教育費とこどもの貯金を分けて管理。貯金は夢のために自由に使えるお金。
教育費として、毎月のお給料から定額+こども手当+お祝い+お小遣いやお年玉などを口座に積み立てていました。でも最近ふと思ったのは、お小遣いやお...

スポンサーリンク

こども名義の口座が作れる直販型投資信託

セゾン投信

カンガルーぽけっと

対象:0歳~20歳まで。

積立:月5,000円から

レオスキャピタルワークス

ひふみ投信『くるみ口座』

対象:0歳~満期なし

積立:月10,000円から

コモンズ投信

こどもトラスト

対象:0歳~15歳まで。

積立:月3,000円から

こども名義で口座が作れるネット銀行

  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • 新生銀行

このあたりか、ゆうちょ銀行でもいいかも。

まとめ

お金をどうやって運用していこうか考えるとワクワクしますね。笑
少しずつ育ったものをこどもに引き継げたらいいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly