1億貯まる生き方。年収300万円台からの家計改善と投資の複利効果。

LINE MALLアプリ取引終了。最後のポイントで購入したお金の本。でちらっと紹介しましたが、最後のポイントで「PRESIDENT (プレジデント)1億貯まる生き方」を購入しました。

メインテーマは「1億貯まる生き方」

すごく大きな目標です。

どうすれば実現可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

一般のサラリーマンで若いうちから頑張って貯金、節約しても、よほどの高給取りでない限り6,000万円が限界とのこと。

あえてこどもを産まないという選択をすれば1億円達成も夢ではありませんが、それってお金を貯めること自体が目的になっていない?

「なんのために貯めるのか?」使う目的を考えていきたいものです。

1億円貯まる家計簿

まずは現状把握からの改善。出費にメリハリをつけてムダを削ること。

見栄のためにお金を使わない。

家族でしっかり話し合い、価値観を共有する。

こだわりたいこと、妥協できることを明確にする。

絶対に必要なのか?を考えて所有する。

  • 小遣い
  • 自動車関係
  • 生命保険料
  • 被服・美容費
  • 教育費
  • 食費・水通光熱費
  • 通信費
  • 交際費

本には年収390万円~1,160万円の6世帯の家計簿が紹介されていますが、どれもムダを削減して定年時の資産額は改善前の+3,000万円以上となっています。

そして、月々の貯金+ボーナスなどを運用することでさらに資産を増やしています。

1億円達成までの必要額の考え方

現状の資産と負債額、1億円達成に必要な額を洗い出してみましょう。

資産=貯金+運用益+不動産

負債=住宅ローン

1億円ー資産+負債=必要な額

30歳の人が60歳までの30年間で1億円貯めようとすると単純計算で月27万円以上の貯金が必要です。

普通に考えて貯金だけで1億円というのは不可能な数字です。

でも投資を利用すると

シミュレーション

これが複利のチカラです。

低リスクで運用するためには時間を味方につけてコツコツ運用することが大切。

わが家もセゾン投信ひふみ投信で積立中です。

さらに不動産投資をすればさらにお金を増やせる可能性があるとのこと。

わたしは「所有すること」に興味がなくなってきたので不動産には手を出していませんが、ちょっと興味はあるので勉強してみようかな?

でもやっぱり基本は家計簿の改善から。

そこが一番大事なポイントです。

2つめの記事を書きました。

1億貯まる生き方。行動心理学から見るいつも損する人の9つのクセ。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly