【こどもの教育費】3歳児が時計の読み方を覚えるのにおすすめの絵本。

最近、時計に興味が出てきた息子。

保育園のお迎えに行くと、先生が広告で作ってくれた腕時計を付け、「いま何時?」って聞いてきます。

まだ時計は読めないのですが、興味を持つことはいいことだ。

そう思っていた時に、家に絵本があることを思い出しました。

スポンサーリンク

それは、エリック・カール作の「ごきげんななめのてんとうむし」という絵本。

小さなてんとうむしは、自分に自信がありません。だから、いつも威張ってしまい、相手にけんかを売り込みます。自分の存在がもっと大きく見えるようにと。

そんなごきげんななめのてんとうむしの一日が、時間の経過とともに出会うさまざまな動物の大きさによって、ページの大きさも階段状に変化していく工夫で表現されています。

エリック・カールといえば代表作はなんといっても「はらぺこあおむし」ですよね。

息子も0歳の時から絵本や歌が大好きでした。

ごきげんななめのてんとうむし」の和訳も「はらぺこあおむし」と同じく、もり ひさしさんが担当されています。

「ごきげんななめのてんとうむし」おすすめPOINT

時計と太陽の位置の勉強ができる

ごきげんななめのてんとうむし

6時からはじまって1時間ごとに別の動物と出会っていきます。

1ページ毎に時計のイラストが描かれており、それと同時に太陽の高さも変わります。

時間と太陽の関係を目で見て理解することができます。

動物同士の大きさの比較が面白い

最初、てんとうむしは自分より少し大きなはちにけんかを売ります。

ごきげんななめのてんとうむし

相手がだんだん大きくなり、さいごにはくじらに出会います。

ごきげんななめのてんとうむし

てんとうむしと動物のサイズ感の違いが、イラストと文字の大きさに変化をつけることでわかりやすく表現されています。

色の使い方が素敵

カラフルで独特な風合いの色使いがとても素敵です。

ページ毎に色がはっきり変わるのでこどもも飽きずに楽しめると思います。

考えさせられるストーリー

絵本には主人公のてんとうむしの他にもう一匹のてんとうむしが出てきます。

二匹のやりとりを通して、友達との関係性を考えるきかっけにもなりそうです。

まとめ

いままでは「元気が一番!」と教育に関してはノータッチでしたが、勉強する機会を親が作ってあげることも必要かなって最近思いはじめました。

「わかる喜び」を実感できれば、学ぶことがどんどん楽しく感じられるはず。

できるだけ様々な本や経験に触れる機会を作り、家族で学んでいきたいなと思っています。

ごきげんななめのてんとうむし(楽天)

ごきげんななめのてんとうむし(Amazon)

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly