これはいい!ダンナさん用に頑丈&シンプルなお弁当箱を購入。

ダンナさんのお弁当箱を新調しました。

前回、前々回とイオンで2回同じお弁当箱を購入したのですが短期間で破損。

使い方が悪かったのかもしれませんが、さすがに2回も壊れると製品的に安心できないと思い、今回はAmazonで購入してみることにしました。

スポンサーリンク

頑丈なお弁当箱

今回購入したのはこちらの右のロック式お弁当箱

左はわたしの曲げわっぱのお弁当箱です。

お弁当箱

同じく曲げわっぱにしてもよかったのですが、ダンナさんの職場ではお弁当箱が洗えないので木が劣化してしまいます。

メンテナンスしなくていいプラスチック製にすることにしました。

このお弁当箱はフタを閉める部分がプラスチックではなく金属なのがポイント。

前回のお弁当箱はわたしがフタを閉めるときにプラスチックの留め具を破損してしまいました。

なのでこちらのタイプのほうが丈夫で安心です。
お弁当箱

しっかり閉まっていまのところ汁漏れもしていないようです。

パーツが少ないと管理が楽!

2段のお弁当箱を使っていたときは、パーツの多さに密かにイライラしていました。

特に朝、食洗機の中から小さな仕切りを探し出すのが一苦労。

1段に変えたことで部品が少なくなりました。

2段よりも1段の方が1つ1つのパーツが大きく見つけやすいのでお弁当の用意をするのも楽です。

パーツの数を比較してみると

2段のお弁当箱

フタ、パッキン(上)、容器(上)、仕切り、中フタ、容器(下)の6パーツ

1段のお弁当箱

フタ、パッキン、容器、仕切りの4パーツ

曲げわっぱの1段のお弁当箱

フタ、容器、仕切りの3パーツ

パッキンもありませんが、特に不便はありません。

逆に会社でさっと洗って片付けも簡単です。

まとめ

ちいさなお弁当箱でさえ、パーツが多ければ多いほど扱いが大変だと感じます。

これが家だったらなおさら。

もっとものを減らしてひとつひとつを大切にできるようになりたいなと思いました。

必要なもの、好きなものだけをきちんとメンテナンスして大切に使う。

今回のお弁当箱は使い捨てにならないよう、大切に使っていきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly