【持たない暮らし】お客様布団のレンタルを利用してみました。

上の子の保育園の送り迎えを義母と実母に数日間ずつお願いすることになりました。

普段、家から保育園までの送迎は基本的に自転車を使用。

歩くと30分程度かかります。

ここにこどもが寄り道などするとさらに到着時間が遅れることに…。

真夏に新生児を連れてベビーカーでの長時間の外出は現実的ではなかったため、ヘルプをお願いすることに。

2人とも県外に住んでいるのでわが家に数日間泊まってもらうことになります。

ここで問題になってきたのがお客様用布団。

わが家には元々1セット、お客様用布団があります。

来客用布団も持たない暮らしへ。布団レンタルやホテルを活用しよう。
現在、わたしの実家に帰省しています。 思ったより高速も混んでいなくて助かりました。息子も遊び相手がたくさんいて嬉しそう。実家はほんとうになに...

今回、新生児とわたしが寝る用に使用中。

2人目育児にベビーベッドは必要?わが家の解決法。
2人目出産にあたり悩んだこと。 それは 「ベビーベッドは必要か?」 ということ。 長男の出産時は友だちからベビーベッ...

という訳で今回1組をレンタルすることにしました。

スポンサーリンク

必要なときだけレンタルを利用する

届けてもらったのがこちら。

布団

掛け布団、敷布団、まくら、シーツのセット。

8泊で4,000円。

送料込みです。

長期で借りると1泊あたり500円。

布団を干して片付けてシーツを洗ってアイロンをかけて…と思うと安いですよね。

なにより清潔で気持ちいい。

とても便利だと感じたのでまた必要な際はお世話になりたいと思います。

まとめ

今回は連泊という特殊なパターンですが、基本的に親がわが家に泊まるのは年1回あるかどうか。

お客様布団の出番はほとんどありません。

いまあるお客様布団も下の子が成長して家族で寝られるようになったら処分を検討中。

確かに年1回でもレンタルするよりも購入したほうが安くつくと思います。

でもその間の保管場所や干したりカビに気を付けたりとメンテナンスの手間もかかります。

何よりその布団で気持ちよく眠ることができるか?ということも気になります。

そういう意味では必要なときだけレンタル布団を利用するメリットは大きいです。

わたしたちはついつい目先のお金で「安い、高い」と計算しがちですが、今回レンタル布団を利用してみてコスト以外の視点からも買う買わないの判断をしてくことが大切だと感じました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly