40代からの暮らし方をイメージ。よりシンプルにラクに生きる。

あと数年で40代に突入です。

はやいなぁ。自分でもびっくり。

年齢を重ねるのはマイナスなイメージもあるけど、わたしは「いまが一番幸せ」とも感じています。

なんだろう。何故だろう。

スポンサーリンク

幸せの基準は自分でつくる

それは、幸せを外に求めなくなったから。

20代のころは雑誌やネットの影響を受け、「女性はこうあるべき!」「こういう生活が理想。」という世間一般的に成功といわれるイメージ=幸せという風に生きていました。

30代になってからこれからの人生について深く考えるようになりました。

その中で不要なモノを捨て、固定観念から離れ、自分の心と対話しながら、自分が大切にしたいこと、モノについて見つめ直しました。

そうすると不思議と他人をみて「うらやましい。」「自分にはあれもこれも足りない。」「もっともっと!」という考えが少なくなりました。

自分がすでに幸せである

そういう感覚を自然に感じられるようになったこと、人と比べなくなったことで気持ちがすごく楽になりました。

そして、40代に向けてどう生きていきたいか考えるようになりました。

40代は人生の棚卸の時期

そんな時出会ったこの一冊。

40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術 (祥伝社黄金文庫)

40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術(Amazon)
40歳からのシンプルな暮らし 「これから」をラクに生きる自分整理術(楽天市場)

金子さんの本は何冊か読ませて頂きましたが、共通していることはシンプルな暮らし

金子さん曰く40代は「棚卸しをする時期

20代、30代に選択した結果によって、人生の方向は人それぞれ。

ここで一度「必要なもの」「不要なもの」に分けることで、その後の人生がぐっと素敵に過ごせそうです。

自分の頭と心の中になにがあるのか、自分はどうしたいのか、そのためには何をすればいいのか。

  • モノを減らす
  • 掃除と探し物が楽になる家づくり
  • 不要と感じることをとことん削ぎ落とす
  • 少しの好きなものを手入れして大切に使う
  • やってみたいことにどんどんチャレンジする

何かを始めるのに遅すぎることはありません。

自分がご機嫌で心地よい状態とはどんなことなのか?を知ること。

そして、40代は女性の平均寿命から考えると人生の折り返し地点。

ここからは健康と時間がなにより大切

年齢を重ねるたびに、身も心も軽やかになっていける、そんな人生を歩んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly