教育費とこどもの貯金を分けて管理。貯金は夢のために自由に使えるお金。

教育費として、毎月のお給料から定額+こども手当+お祝い+お小遣いやお年玉などを口座に積み立てていました。

でも最近ふと思ったのは、お小遣いやお年玉は教育費ではなくこどもが好きに使っていいお金なのでは?ということ。

わたしが思う教育費とそれ以外のお金は

  • 教育費=親が用意
  • 貯金=こどもが自由に使える

こども手当とお祝いはある意味頂いたお金ですが、これは教育費で問題ないかと。

お小遣いやお年玉をこども貯金とすることにしました。

スポンサーリンク

書きながら思い出したんですが、わたしがこども時代もお年玉やお小遣いを親に渡して口座に貯金してもらっていました。

大学生になり通帳をもらったときにある程度まとまったお金になっていて、そのお金で教習所に行ったり、友達と旅行に行ったりしました。

貯金の意味がわかったのは、その時だと思います。

貯めたお金で自分のやりたいことを実現する。
すごく嬉しかったことを思い出しました。

こども名義で作成したソニー銀行の口座は1つの口座内で目的別に5つまで目的別貯金にわけることができるのできちんと分けて管理できます。

まだまだお年玉の額も少ないですが、将来自分のために使えるお金も夢があっていいかなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly