増やさない暮らしのために心がけている5つの習慣。

「増やさないこと」「減らすこと」を意識して行動することで、すっきりした暮らしに近づくことができます。

スポンサーリンク

増やさないための5つの習慣

1.「ほんとうに必要?」と考える。

すぐに買うのではなく、よく考えてから購入するようにします。
すでにあるもので代用できないか。
何通りかに使用できるか。
最後は処分しやすいか。などなど。

2.定番をきめる。

素材やメーカーが信用できて少しづつ買い足していけるもの。
それのひとつが無印良品です。
デザインが多少変わっても規格やテイストが同じなので、必要な分だけ持つことができます。
迷う時間の節約にも。
色、素材なども決めてしまえば部屋のテイストも揃います。

3.使い切る。

いまあるものを最後まで使い切る。
つぎに同じものを買うか、別のものを買うか、買わないか判断する。
最低限のストックの数を決め常に回転している状態にすると災害対策にも。

4.手放す。

自分がいいなと思わないものはどんどん手放す。
プレゼントでもらったものも気持ちだけありがたく受け取って、ものは手放します。

5.買わないものをきめる。

大型家具、年に数回しか使わないもの、CDやDVD、機能のいっぱいついた家電など、レンタルをできるだけ利用する。
本は購入するけれど読んで知識を吸収できたと感じれば手放す。

まとめ

ルールを決めることで判断基準が明確になり、ものが厳選されていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly