夏の子連れ花火大会の持ち物と事前に準備しておきたいこと。

全国各地で花火大会の季節ですね。

混んでいるところはあまり好きではありませんが、息子に大きな花火を見せてあげたい!ということで週末は家族で花火大会に出かけてきました。

本当にすごい人で疲れたけど、きれいにみえてよかった。

子連れでもできるだけスムーズに花火大会を楽しめるように、気をつけたいことを書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

花火大会の持ち物

  • レジャーシート
  • 飲み物(麦茶、ジュース)
  • 軽食
  • お箸、紙コップ
  • クッション
  • 傘(折りたたみ)
  • ウェットティッシュ
  • ゴミ袋

抱っこに備えてカバンはリュックにしておく。

花火大会で気をつけたいこと

ある程度の食料は事前に用意しておく

花火大会と言えば屋台。

どれもこれも美味しそうですよね。

でも屋台は価格が高めだし、衛生面も少々心配。

なのでわたしはあまり屋台では買わない人です。

今回は花火会場に行く前に、近くのスーパーで軽食や飲み物、デザートを購入しました。

現地では丸ごときゅうりやカットフルーツを棒にさしたものも人気だったので来年は真似して持って行こうかな。

プラス何か食べたくなったら屋台で購入する形にすればお祭り気分も楽しめます。

帰りの切符を先に買っておく

歩き出してから気づいたのですが、帰りの切符を購入するのを忘れていました。

わたしはカードなのでいいのですが、ダンナさんはたまにしか電車に乗らないので毎回切符を購入しています。

帰りの切符売り場は激混みでした。

スムーズな帰宅のために、今後は先に帰りの切符を購入しておくorカードの導入を考えたいと思います。

当日の風向きを確認して場所を取る

今回の花火大会、開始直後は風がなさすぎて空に花火の煙でモヤがかかったようになってしまい一部見えづらかったです。

途中で風が吹いてきて、すっきり見えるようになりました。

風向きを考えてどこから見るのか決めるときれいな花火を楽しめます。

トイレの場所を確認しておく

こどもがジュースやお茶をたくさん飲んで急に「トイレ!」と言い出すのはあるあるパターン。

事前に場所を確認しておくと焦らずにすみます。

出かける前に家を片付けておく

急いで帰ってきても、電車の混み具合によっては帰宅が遅くなってしまいます。

シャワーを浴びて荷物の整理、最低限の家事をしてさっさと寝られるよう、出かける前に家を整えておくととても楽です。

まとめ

人が多いところに出かけるのは準備と当日の行動スケジュールを事前に決めておくことが大切です。

しっかり準備して、当日はできるだけスムーズに楽しめるようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly