今回の家族旅行の予算は15万円。メリハリをつけてワクワク使おう。

ダンナさんの休日出勤の代休で家族旅行に行くことになり、こどもが寝てから2人で旅行計画を練っていました。

ひさびさの夜更かしです。眠い…。

でも色々調べた甲斐があって満足行くプランになりそう!

はやく決めなきゃーと焦っていたのでひとまず宿と飛行機が取れて一安心。

あとは行きたいところや見たいもの、食べたいものを調べて具体的な計画を練るのみ。

乗り物大好きな息子も初めての飛行機によろこんでくれるかな。

スポンサーリンク

あまりしっかり予算を決めていなかったのですが、飛行機、宿泊費、レンタカー、現地での観光や食費込みで150,000円くらいになりそうです。

わが家は旅行費に関してはあまりきっちりと取り決めしていません。

毎年、家計の黒字部分の一部を旅行予算として確保しているのでそれを費用にあてます。

これが高いか安いかは家庭によって分かれるかもしれませんが、わが家にとっては必要な出費。

ものより経験、量より質。わが家のお金をかけるところ、かけないところ。
家によってお金の使い方って違うと思います。 わが家なりのお金のかけかたについて考えてみました。

これがあるからダンナさんも日々の節約を頑張ってくれています。

老後ではなくいま体力のあるうちにいろんなところに行っておきたい。

節約ばかりにならないよう使うことも楽しくバランスよく。

旅行の計画は調べることもいっぱいで手間はかかるけど本当に楽しい作業です。

ツアーは楽だけど、どうせ行くなら行きたいところばかりで時間を過ごしたいですよね。

現地の素敵なお店や料理も楽しみです。

お金をかけなくても事前に調べて計画することで満足いく旅行にすることは可能です。

このような考えは新婚旅行でヨーロッパに行ったときに身につきました。

行きたい国は一致したものの、お互い行きたい場所を両方行けるツアーがなかったため、自分たちでプランニングすることに。

飛行機のチケットをHISで取り、ホテルはエクスペディアとホテルに直接FAXで問い合わせ、ヨーロッパの鉄道の乗車券を旅行会社で手配、鉄道の時刻表と地球の歩き方を本屋さんで購入。

おかげで途中色々ありましたが現地の方の親切に助けられ(日本では考えられないほど、あちらの方は人を手助けすることが当たり前にできることに感動。)満足行く旅行になりましたし、費用も節約することができました。

5ツ星ホテルと古城ホテルを中心に宿泊して1週間の旅で300,000円以内におさまりました。

ユーロが160円超えていた時代で似たような内容のツアーで500,000円超えていた記憶があります。

飛行機も新婚旅行のパンフレットをみていると、隣同士の席確約でオプション代追加となっていましたが、普通に隣同士で取れましたし、自分でやってみないとわからないことってたくさんあるんだなぁと勉強になりましたよ。

同じお金を使うなら、自分で組み立てた方がホテルも食事のグレードも上げられて満足度UP間違いなしです。

今回ガイドブックは図書館で借ります。こういうところは節約節約。

ひさしぶりの家族旅行!みんなでパワーをチャージしてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly