仕事と家事「どれだけ楽しくできるか?」シンプルな考え方。

最近、仕事で心がけていること。

それは

  • 事前に1~2ヵ月分の日別スケジュールを立てる
  • 突発的な仕事はすきま時間に入れられるように少し余裕を持って時間を組む
  • 絶対にやりたいことのために事前に時間を確保する
  • 他の人に依頼することは大至急やる
  • 仕事は納期の2割で7~8割仕上げてしまい、確認の上、微調整する

どれもビジネスの基本ですが、いままでは気分で「やらなきゃな。でも手をつけたくないなー。」と思い、手が進まないこともありました。

最近は、「いかにはやく終わらせてどれだけ楽できるか?」をゲーム感覚で楽しめるようになってきました。

スポンサーリンク

時間を有効に使うには?

仕事、子育て、家事をしていたら1日はアッという間に過ぎていきます。

そこに加えていまは資格の勉強と、家の片付けやお金のことなど他にもやりたいことがあって時間をどう確保するかが課題です。

でも1日の持ち時間は24時間と決まっている。

だとすれば

  • 効率化
  • 取捨選択

をしていくしかないですよね?

日常の物事には大きく分けて3つの選択肢があります。

  1. やりたいこと
  2. やりたくないけどやらないといけないこと
  3. やりたくないこと

わたしは「1は最優先」、「2は最低限」、「3は基本的にやらない」と決めました。

1は意識してスケジューリングの段階で時間を確保します。

2の「やりたくないけどやらないといけないこと」が意外とグレーゾーンなので時間をかけすぎないよう、また時々「本当にやらないといけないのか?」見直すようにしています。

ここに「できること」という要素を掛けると、自分が効率よく時間を使うためのヒントがより鮮明になってきます。

好きなことで楽にお金を稼ぎたい人が知っておきたい考え方。
「好きなことを仕事にしたいな。」 誰もが一度はそう思うのではないでしょうか? でも、好きなことをしてお金を稼げる人とお金を稼げな...

ここから考えると、6つの状態に分類できます。

  1. やりたいこと×できること
  2. やりたいこと×できないこと
  3. やりたくないけどやらないといけないこと×できること
  4. やりたくないけどやらないといけないこと×できないこと
  5. やりたくないこと×できること
  6. やりたくないこと×できないこと

1.3→自分でやる

2→自分でやるor他人にお願いする

4→他人にお願いする

5→自分でやるorやらない

6→やらない

どれがよりベターか?分けて考えることで無理せず効率的に時間を使えるようになってきました。

まとめ

なんでもかんでも自分で平等にやろうとするのではなく、力の入れどころと抜きどころを判断する。

「誰のためでもない自分のための人生を生きる」ということを軸に、楽しくするにはどうすればいいか?

やらされているのではなく自分で選択すること、それを忘れずにいきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly