恐怖の電気代請求がやってきた。エアコン稼働率高めの1月の請求額。

電気代の請求がやってきました。

わが家の状況としては

  • オール電化
  • 深夜割引あり(昼間は割高)
  • 共働きで平日昼間は不在
  • リビング(18畳)でほぼ過ごす
  • お湯はエコキュート(給湯器)で深夜電力を利用して沸かす
  • 雪はほとんど積もらない地域

去年よりもエアコンの稼働率は高めでした。

スポンサーリンク

おそるおそる確認してみると…請求は、12,709円でした。

思ったより安かった。

ちなみに2015年1月の請求は12,964円。255円安くなりました。

2015年と2016年の違い

使用が増えたもの

  • エアコン
  • 食洗機
  • お風呂の暖房

使用が減ったもの

  • 床暖房
  • こたつ

床暖房とこたつに関しては今季の使用は0。

床暖房はほんのり暖かくて寝そべると最高なのですが、無いところに移動すると寒いし、電気代も気になります。

こたつも大好きなのですが、こどもがごはんをこぼしたりすると洗濯が大変なので。

決定的に違ったこと

書きながら思い出しました。それは設定温度です。

  • 2015年…20℃くらい
  • 2016年…18℃

18℃って寒いイメージですよね。

エアコンの機種によるのかもしれませんが、寒がりのわたしでも意外と大丈夫でした。

家の密閉性も関係するかもしれません。

逆に設定温度をあげると頭がぼーっとしてしまうので低めでちょうどいいくらい。

ただ家族の中でわたしが一番寒がりなので、すこし着込むようにしていますが。

部屋用の薄いダウン+タイツ+靴下+スリッパって感じ。

首元、足元を冷えないようにすればだいぶマシです。

座ってパソコンを打つときにはひざ掛けをかけたり。

エアコンが一番節約になるのかも

エアコンって電気代が高い!っていうイメージがありましたが、適切に使えばそんなに高くないかもというのが今回の印象です。

よくTVの節約術とかで扇風機を併用すればさらに省エネになるってやっていますが、実際どうなんでしょう。

こたつに入ってしまうとどうしても動かなくなるので、エアコンで部屋全体が暖かければ家事も億劫じゃないので助かります。

  • ある程度は重ね着などして電気に頼りすぎないことを意識する。
  • 設定温度を暖かすぎず、寒くない程度にしておく。
  • 暖房機器の使用を控えたために、思考や動きが鈍ったりすることは避ける。
  • 冬の電気代はある程度かかるもの。それより待機電力の削減に努める。

この辺を意識して、節約と適切に使うことを意識していければなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly