自分の心理パターンを知って自然に外食費を節約する方法。

わが家はレジャー費として月10,000円の予算をとっています。

出かけたついでに食事をすることが多いので、外食はこのレジャー費に含んでいます。

10,000円を超える月はまれでほぼ予算内におさまっています。

それには大きな理由があります。

スポンサーリンク

自然に外食費を節約する方法

夫婦で料理担当の曜日を分ける

わが家の場合、週末はダンナさんが食事を作ってくれています。

以前は平日もダンナさんの方が先に帰宅していたので、ほぼダンナさんが料理担当でした。

ダンナさんが転職してこどもが生まれ、生活リズムが変わったのをきっかけに平日はわたしが、休日はダンナさんが食事作り担当になりました。

これが結構、節約につながっていると思っています。

何故かと言うと、わたしの性格上、ずっと食事作りを担当していると、「平日頑張ったし、休日くらいは外食しようよ。」ってなってしまうのが目に見えているからです。

自分で料理するのと違って人に料理を作ってもらえるとそれだけで新鮮。

外食は楽しいし、大好きです。

でも頻度が多すぎると家計を圧迫するのも事実。

週末にガス抜きをさせてもらうことで、「疲れているから外食」ではなく「行きたいところへ外食」に変わりました。

たまの外食であれば多少高いところでも気にせず行けますからね。

ダンナさんが料理好きなご家庭にはおすすめです。

冷蔵庫に作りおきや、すぐに調理できるものを用意しておく

遊びに行った時でも、夕食を家で食べる時もあります。

その場合は帰宅後すぐにあたためたり調理したりして食べられるものを用意していくことで「ついでに食べて帰ろうか。」を防ぎます。

これも気分次第で食べて帰る、家で食べるをその時相談して決めていますが、「作るのが面倒だから外で食べて帰ろうか。」ということは減りました。

食費と時間の節約!冷凍と作り置きを併用して毎日の食事作りをラクに。
毎日「今日のご飯、何作ろう?」とお悩みではないですか? 栄養と食費を考えればできるだけ手作りしたい。 でも時間がない…。 ...

覆面調査を利用する

これはイレギュラーですが、覆面調査を利用することで後から報酬という形で報酬を頂くことができます。

わが家はたまーに気が向いた時に応募しています。

決まったメニューや金額、レポート内容などある程度制約はありますが、行きたいお店、曜日も選べてなかなかいい感じ。

調査目的なのでリラックスして食事という面では欠けるかもしれませんが、普段行かないようなお店に行くことで新しい発見があります。

飲食店の覆面調査は外食費の節約とリサーチの勉強を兼ねて。
今週末は家族でミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)にいってきました。今回は焼肉チェーン店。わが家が覆面調査に行くのは年数回、主に外食系...

まとめ

自分の心理パターンを知って、防ぐ方法を考えていくと、無駄に外食することもなくなります。

わたしの場合は「疲れたから。面倒だから。」という気持ちにどうやって対処していくか。

自分を知って無駄を省き、本当に使いたいことにお金を使うことを、これからも意識していきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly