30代から、早期リタイアについて考えてみる。

先日はひさしぶりの出張でした。
新幹線は満席で、60代くらいのご夫婦やグループ旅行の方で賑わっていました。

のんびり自分の人生を楽しむ姿っていいなーって思います。

スポンサーリンク

いまわが家は夫婦ともに30代ですが、はやめに夫婦で働くスピードをゆるめて家族で過ごす時間をつくりたいなと考えています。

完全に仕事をやめる早期リタイアではなく、好きな仕事にスライドするイメージです。

体力、気力のあるうちに色々行ってみたいしやってみたい。
できた時間で手作りしたり生活を楽しみたい。

親や家族と過ごす時間って改めて考えてみると思っている以上に少ないです。
わが家はどちらの実家も距離があるので会えるのは年数回というところ。
こどもとも一緒に過ごす時間をもう少し持ちたい。
なんとなく過ごしていたら後悔するかもしれないなぁ。そう思います。

遊んで暮らしたい、ということではなく、好きなときに好きなひとと好きなことをできる人生のイニシアティブをもちたい。

20代の頃は「早期リタイア」の響きに憧れましたが、いまは自分の人生として楽しく長く働けたらなあとぼんやり考えています。

ダンナさんの会社は有休とは名ばかり、深夜残業、休日出勤当たり前(手当なし)。
平日はほぼ母子家庭状態です。

友人からはよく冗談でブラック企業やな!といわれていますが、話をしているとそういうご家庭って周りでも多いです。

家族のために頑張ってくれていて、愚痴も言わずありがたいとは思いますが、家族と過ごす時間が取れていないんですよね。
休みの日も睡眠不足でしんどそうだし。

ただ、現実的にはお金も必要です。

これからこどもにも教育費などお金がかかってきますし、「お金がない」という理由で進学など選択肢を狭めることはしたくない。

もし会社員を辞めてしまったら年金も減ります。

リスクに対してどのように対応できるかを考えておく必要があります。

いまできることは、
くらしをコンパクトにする。
お給料以外の収入を得る。

働き方を変えればその分お給料は減るので、いまのうちに暮らしをとことんコンパクトにしておきたい。

どかーんと貯金!も難しいから、継続して収入の入る仕組みづくりが必要です。

いますぐ動くって訳ではないけど、目標をもってちいさくても動き出すっていうことが大事かなって思います。

具体的なシミュレーションはまたやってみたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly