家計をガチガチに管理しなくても自然とお金が貯まるコツ。

先日急遽、出張に行くことになり、チケット代を現金で55,000円くらい支払うことがありました。

もちろんあとで会社から支給されますが、まずは自腹で払う形です。

いつも財布に現金を10~20万円くらい入れているので急な出費でもお金をおろすことなく支払えたのですが、同僚から「お財布にお金を入れておくといつの間にかなくなっていない?」と聞かれてそういえばそうだなと思いました。

スポンサーリンク

お金があっても使い過ぎないコツ

以前のわたしだったらそうだったかもしれません。

お財布の中をみて現金があればほしいものを買う。

クレジットカードの把握ができておらず請求がきてから貯金を切り崩す。

家計全体を把握できていませんでした。

家計簿で家計を把握

今、そこまで細かく考えなくても使いすぎたりしないのは家計簿で全体を把握できるようになってきたから。

ひとり暮らしの時は手帳にメモ程度に書いていただけで見直しや集計をしていなかったのですが、結婚してからは「ちゃんと家計管理しよう!」とデータ化することにしました。

わが家の家計簿とクレジットカードの管理方法。
クレジットカードって便利ですが、支払いが先になるので家計管理しづらくなりませんか?わたしはクレジットカードの利用明細を家計簿と一緒に管理して...

現金支出もクレジットカードも合わせて把握できると「使えるお金」=「財布の中身」ではないという認識ができるようになります。

わたしはエクセルで家計簿を作っていますが、マネーフォワードなどの家計簿アプリを利用することで家計管理はかなり省力化できると思います。

マネーフォワードではクレジットカードや銀行口座を登録すれば、自動で家計簿を作成してくれますよ。

もちろんわたしも使っていますが証券口座や銀行口座など投資、貯蓄口座の管理用に使っているため日常の入出金はアナログ管理しています。

(10個以上の口座登録は有料になるので…いまのところは無料の範囲内で使っています。)

断捨離でモノを手放す

あとは簡単にものを買わなくなったことも関係しています。

断捨離を始めてからたくさんのものを手放してきました。

そうなってくると「できるだけ不要なものは手に入れない。」という意識が芽生えてきます。

買う前によく考えてものを買うハードルが上がったため、「なんでもかんでもほしいから買う。」ということが激減しました。

そんな感じで家計全体の把握、支出の管理ができるとガチガチに管理しなくても自然とお金って貯まるんだな~っていうのを実感しています。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly