好きなことで楽にお金を稼ぎたい人が知っておきたい考え方。

「好きなことを仕事にしたいな。」

誰もが一度はそう思うのではないでしょうか?

でも、好きなことをしてお金を稼げる人とお金を稼げない人がいます。

その違いは何なんでしょう?

スポンサーリンク

好きなことをしてお金を稼げる人とお金を稼げない人の違い

それは、自分の得意な事を仕事にしているか?ということ。

自分が得意なことであれば、無理にがんばらなくても楽にお金を稼ぐことができます。

状況を4つに分けて考える

このことは林修先生のTV番組を見て理解できました。

  1. やりたいこと×できること
  2. やりたくないこと×できること
  3. やりたくないこと×できないこと
  4. やりたいこと×できないこと

仕事への適正は、必ず1から4のいずれかに分類されます。

その中で、1の「やりたいこと×できること」と2の「やりたくないこと×できること」を選択すること=能力を生かす仕事を選択すれば、成功する確率が高いのです。

「できること」の定義は、他の人が努力をしないとできない様なことでも、自分には苦もなく普通にできること。

林先生は「塾講師は嫌いな仕事。でも教えるのがむちゃむちゃうまかった。」とおっしゃっていました。

「やりたいこと」「やりたくないこと」にとらわれすぎずに「できること」にフォーカスすることで、仕事の幅は広がります。

わたし自身も、最近モヤモヤしていた部分があったので、この話を聞いてすごくすっきりしました。

まとめ

好きなことを仕事にしたい、なおかつお金を稼ぎたいという人は、まずは自分が「やりたいこと×できること」が何なのか?しっかり考えてみてください。

「やりたいこと×できないこと」を選択するのも夢がありますが、苦労することが多いと思います。

自分の得意なことについて、一度考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly