【夏の断捨離】迷っていたものも思い切って捨ててみた。

今日は不燃ごみの回収日。

うちの地域では月に1回しかない貴重な日です。

この機会に捨てようかどうしようか迷っていたものを捨ててみることにしました。

スポンサーリンク

捨てたもの

    • 揚げ物用のお鍋
    • ルクルーゼのお鍋
    • こどもの水筒
    • 食器
    • 学生時代の作品
    • 収納用品

    この中で迷っていたものは揚げ物用のお鍋とルクルーゼのお鍋です。

    揚げ物用のお鍋に関しては最近は鉄のフライパンで炒め物も揚げ物もするようになったため、出番がだいぶ少なくなっていました。

    でもフライパンに比べて揚げ物用のお鍋の方が深い分、周囲への油はねは少なくてすみます。

    そしてまだ綺麗だし…と処分することを躊躇していました。

    ルクルーゼのお鍋は結婚したときに仕事関係の方から頂いたもの。

    普通に調理する以外にもお米を炊いたりオーブン料理に使ったりと多用途に使えて便利でした。

    色もかわいくてとてもお気に入りでしたが長年使っているうちに何をしても焦げ付きが取れなくなってしまい、料理をする際にウキウキしなくなってしまいました。

    そして少し重いのもネック…。

    他にも調理器具はあるし、いまのところなくても困らないかな?と思ったのでこれらを思い切って処分してみることに。

    また必要性を感じたら購入しようかな?と思います。

    その時は少し深めで揚げ物やオーブン料理にも使える多用途のお鍋を検討したいな。

    ダンナさんと相談しながら決めたいと思います。

    まとめ

    断捨離をすすめてきて「いらない!」と即判断できるようなものはずいぶん家からなくなりました。

    これからは迷って保留にしてきたものも徐々にどうするか決めていきます。

    判断スピードをあげてより快適に暮らせる環境を作っていきたいなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly