モノを捨てられなかったわたしが、捨てられるようになったきっかけ。

いまでこそ、「断捨離」「ミニマリスト」が大好きなわたしですが、学生時代に実家に住んでいるときはどちらかというとモノが多くて片付けが苦手でした。

特に苦手なのが洋服の収納。

タンスやクローゼットに入りきらない洋服が床に重ねて置いてある、タンスの引き出しは開けっ放し、使わないバッグが部屋の片隅に…。など。

「泥棒にでも入られたの?」

っていうような部屋でした。

それには大きな理由がありました。

スポンサーリンク

ものを捨てられなかった理由

一番の理由は捨てる勇気がなかったこと。

実家は田舎の一軒家。

家が大きいので、モノも大量にあります。

でも収納する場所も広いのでなんとかなるんですよね。

そして祖母も母も「もったいない。」というタイプの人です。

「この服はもう着ない。」と思って袋に詰めてゴミ置き場に持っていこうとすると、ストップがかかるのです。

「本当にもう着ないの?まだきれいなのにもったいない。」

と言われると捨てるのが申し訳ない気になって、また部屋に持ち帰ったものもありました。

母は何気なく言っていたんだと思います。

でも当時のわたしとしては捨てようとするたびに責められているような気がして、もう着ない服でもなかなか捨てられないようになっていました。

捨てられるようになったきっかけ

きっかけは社会人になってひとり暮らしを始めたこと。

家具付きの物件を選んだこともあり、持っていくものは最小限にしよう!と決め、ひとまず大半のものを実家に残して一人暮らしを始めました。

ずっとものの多い実家で暮らしていたわたしにとって、ものが少なくても特に困ることもなく、むしろ快適だということは新発見でした。

そして、ものを捨てるときに誰かにチェックされることを気にしなくていいのってすごく気楽で、捨てるのに苦労することがなくなりました。

わたしは人の目を気にしすぎていたために、ものが捨てられなかったんだなってそのとき気づきました。

まとめ

実家を出てからも自分の部屋の荷物は帰省するたびに片付けてずいぶん減りました。

捨てにくいものは自宅に持ち帰って処分したり。

昔使っていた机やベッドも了承をとり解体して処分しました。

(あくまで以前のこども部屋にある全く使っていないものに関しては、です。親の確認が必要そうなものはやっぱり触れません…。)

もしこの記事を読んでいて「ものが捨てられない。」と悩んでいる人がいらっしゃったら「なぜ捨てられないのか?」を考えてみることで、捨てられるようになるかもしれません。

捨てることを強要する訳ではありませんが、わたしはものを捨てられるようになって過去の自分自身のトラウマからも開放された気がしています。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly