見えてくる景色、思考がかわります。デジタルデトックスのすすめ。

スマホを充電していたまま家に忘れてしまいました。
はじめは少し気になりましたが、ないことのよさも感じました。

スポンサーリンク

電車の車窓からみえる桜がきれいだなとか、いいお天気だなとか、ノートに自分の考えをまとめたりと、ひさしぶりに自分の頭と感覚を使っている感じがありました。

最近「デジタルデトックス」というのがブームのようです。
外出時にあえてパソコンやスマホ、携帯を持たずに自分の感覚を取り戻す。
会社でも個人のパソコンをなくして商品会議などではホワイトボードにアイデアを書き出し、アイデアの活性化に成功している企業もあります。

会社でもパソコンで仕事、通勤電車ではスマホ。出張でも仕事の電話があったりと気づけばずっとデジタル漬けの日々。

以前は気をつけていたのにこどもの前でもパソコンやスマホをみてしまうこともあり。
きちんとこどもの話を聞いてあげたり、目の前のことに集中できていなかったなぁと反省。

デメリットもありました。
保育園の書類を書こうと思ったら祖父母の電話番号がわからない、荷物の発送依頼をしようとしたらアプリの情報なので確認できないなどなど。
スマホがなくなってしまうとそこにしか存在しないデータの面で苦労します。
紛失したり無くしてから「バックアップとっておけばよかった」となるのですが、一時的にないことで気づけることもあります。

近所に出かけるときに一度スマホなしで過ごしてみてはいかがでしょうか。
わたしは時計もスマホの機能に頼っていたので、腕時計を使おうと思います。

当然だと思っていることから一度離れてみることで、本当に必要なことに気づくことができます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly