レースカーテンの黒カビの汚れを素早く真っ白に漂白する方法。エコ編

先日、お風呂のカビ取り剤でレースカーテンを漂白しました。

レースカーテンの黒カビの汚れを素早く真っ白に漂白する方法。
わが家のカーテンは無料クリーニング10年保証が付いています。 前回クリーニングに持ち込んだ時にお店の方に「これは取れないかも。」と言わ...

きれいにはなりましたが、強力な洗剤はできるだけ使用したくない。

今後はもっとエコな洗濯方法を試してみたいと思っていました。

実はリビングには大きな掃き出し窓がもう1つあって、そちらのカーテンにも同様の汚れがありました。

今後のために、こちらは酸素系漂白剤で漂白してみることに。

実験実験!

最近、マグカップの漂白に引き続き、酸素系漂白剤が大活躍です。

スポンサーリンク

酸素系漂白剤でレースカーテンを漂白

  1. 栓をした洗面台にカーテンを置く
  2. 汚れた部分に酸素系漂白剤をふりかけ、熱湯をかける
  3. 10分くらい置いたあと、水ですすぐ
  4. 洗濯機で洗う→脱水
  5. 干す

(カーテンの素材によってこの方法が向いていない場合があるかもしれませんので、洗濯できるかはご自身で判断してくださいね。)

写真を撮り忘れたのですが、これで薄い汚れなど8割程度落ちました。

3の時点で落ちない頑固なカビには前回同様、お風呂のカビ取り剤を使用しました。

やはり頑固な汚れをエコで素早く落とすというのは難しかったです。

今後はこまめにメンテナンスして、酸素系漂白剤だけで洗濯できるようにしていきたいと思います。

掃除を楽しもう

レースカーテン

「面倒だから後から掃除しよう。」と窓の結露を放置した結果、結局もっと面倒な窓の掃除やカーテンの洗濯という作業が発生しました。

問題が発生してから対応するのではなく、問題の発生原因をなくすことを意識すること。

カビって健康面でも絶対よくないですよね。

あれもこれもひとりでやろうとするから結局できない。

今後はダンナさんや息子にももっと協力してもらって、家族で住みやすい環境を作っていければと思います。

掃除が行き届いた家はやっぱり気持ちいい。

「掃除しなきゃ。」じゃなくて「掃除を楽しむ。」を心がけていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly