デビットカードでポイントを貯めながら家計管理をシンプルにする。

楽天デビットカード(JCB)を作ってみました。

目的としては

  • 日々の細々とした支出を管理しやすくしたい
  • できればポイントも貯めたい

実際に使ってみた印象としては現金とクレジットカードの間?という感じでなかなかいい感じです。

スポンサーリンク

楽天デビットカード(JCB)のメリットとデメリット

メリット

  • 口座から即引き落としなのでお金の管理がしやすい
  • 支払いで楽天ポイント(1%)が貯まる
  • nanacoとの連動ができる
  • 年会費無料

デメリット

  • 専用口座(楽天銀行
    口座)が必要
  • 口座に事前にお金を入金しておく必要がある
  • ETCには対応していない

やはり一番のメリットはお金の管理がしやすいこと。

試しに利用してみると、すぐに利用のお知らせメールがきて明細を確認することができました。

利用の度に家計簿と連動させることでクレジットカードのように明細を見て「これなんだっけ?」となることを防げます。

まとまった買い物の際にはクレジットカード、日々の細々とした支払いにはデビットカードなど目的によって使い分けてもいいかもしれません。

検討中のこと

ETCカード

わが家は義実家、実家とも車で帰省するときはETCを使うのでETCカードは必要。

現在はREXカードをメインで使用していてETCカードも連動させていますが、REXカードは年間利用額が50万円以下だと年会費が必要になります。

楽天カードに乗り換えてETCカードも一緒に作るのがいいかな?と考え中です。

ダンナさんの支払い

ダンナさんもクレジットカードで買い物するので(ガソリン代、ビール代、Amazon、会社の経費など)このあたりも上手に管理できるようになりたいなと思っています。

そうなるとダンナさん用の楽天銀行
の口座とデビットカードが必要になってきます。

口座が増えることのメリットとデメリットも合わせて考えてみようと思います。

次回は楽天デビットカードとnanacoと連動させて税金を支払う方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly