断捨離は伝染する。自分が変われば他人も自然と変わるを実感。

ゴールデンウィークに自宅のオリーブの木を切りました。

手入れできないなら手放す。玄関先の木をバッサリ切りました。
わが家を建てた時、1軒に1本、工務店さんが植えてくれた玄関先のオリーブの木。 ご近所の同じ工務店で建てた家数件にも植えてあります。 ...

切る前までは躊躇していましたが、切ったあとは気持ちもすっきり!

自転車置場へのアクセスも良好です。

もっと早く切ればよかったなぁと思いながら、数日経ってご近所を見ると驚愕の事態が。

スポンサーリンク

ご近所さんに断捨離が伝染?

なんと、いつの間にかご近所の数件もばっさりとオリーブの木を根本から切っていたんです。

1軒のお宅に関しては根から掘りおこして完全に再生しないようにしていました。

そもそもわたしが家の木を切ろうと思ったのも、ご近所さんが木をカットして小さく育てているのを見た影響でした。

今回は逆にわが家の根本まで切った木を見て「うちも切ろう。」と思ったのかなぁとちょっと面白かったです。

家族への影響

「断捨離するならまずは自分のものから。」とはよく言いますが、家の中でも自分の持ち物や服を断捨離し続けた結果、ダンナさんも自然と断捨離を意識してくれるようになってきました。

部屋がすっきりしてきて以前より心地よく感じたときに「自分のクローゼットの中もすっきりさせたい。」と思うようになったようです。

そして決断のスピードも確実にあがりました。

以前は要、不要の判断を聞いても「とりあえず置いておいて。」という回答だったのが短時間で判断してくれるようになりました。

ここはわたしが逆に見習いたいところです。

まとめ

ご近所さんの木の件は「断捨離って伝染するんだなぁ。」と実感したできごとでした。

口で言わなくても目でみて自分で気づくことって多いですよね。

家族にモノを減らしてほしいと思った時も、口うるさく言っても逆効果。

変わってほしかったらまず自分を変える。

お互いいい影響を与えられるように、これからも自分の持ち物を優先して断捨離していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly