夢やお金について。夫婦で話し合うことが家計改善、節約につながる。

3連休どこかへお出かけされましたか?

わが家はプラレール博や十日えびすのお祭りに出掛けたりしました。

どっちもすごい人でしたよ。(やっぱり家が落ち着く…。)

わたしにはこのタイミングでやっておきたかったことがありました。

それはダンナさんと家計管理や今後の生き方について話し合う時間を持つことです。

スポンサーリンク

平日はダンナさんの帰宅が遅く、わたしは息子と一緒に先に寝てしまうため、なかなかゆっくり話す機会がありません。

直接話す機会が減ると、話のニュアンスが伝わりにくく、少しのことでもうまく意思疎通できないことも出てきます。

それでケンカになったこともあります…。

お互い「時間がない!」っていう状態だと話が進まない。

そのため時々機会をつくって、それぞれの考えを共有するようにしてます。

家計管理について

現状の家計簿のざっくりとした内容と、改善したい点についてわたしから伝えました。

ダンナさんは家計管理には全くのノータッチなので、内訳とか全くわかっていません。

なのでこちらから情報提供と問題提起をして一緒に考えてもらうようにしています。

わが家の改善したい事項

電気、携帯、通信費(ケーブルテレビ、ネット回線など)合わせて月25,000円程かかっています。

わたしはその辺りに関しては最低限使えればなんでもいいのですが、ダンナさんは色々こだわりがあるようでなかなか節約が進まない部分です。

電力自由化、格安Simも含めたスマホの乗り換え、ケーブルテレビの更新をどうするか?

電気、携帯、家のネットをまとめて安くなるプランは各社から出るようなので全体で考えてもらえるようお願いしました。

毎月のことなので、ここが安くなるとうれしいのですが。

家計管理に関しては、マネーフォワードで情報共有できるようなので、真剣に検討したいと思います。

生き方について

今後の働き方や、やってみたいことなど思いつくままに話し合いました。

どこまで実現できるかわからないけど、思っていることを口に出して伝えるだけで客観的に考えることができるようになりますし、実現するにはどうすればいいか一歩踏み込んで考える機会にもなります。

まとめ

家計管理はひとりで頑張るより、家族で協力できるようになるとよりスムーズに進む気がします。

感情的に自分の考えを押し付けるのではなく、貯金、節約の目的を共有すること、夫婦が同じ目標を持つことで、家計管理がもっとやりやすくなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly