【買わない習慣】定番品を購入する前に気をつけていること。

あなたは洗剤や歯磨き粉、調味料など日用品の定番は決めている方ですか?

わが家では何種類か試した後に、定番品を決めるようにしています。

定番品が決まると買い物や使う時に悩まなくていいのでとっても楽。

家にはあまりストックは持たないようにして、なくなりそうになったら新しいものを買い足すようにしています。

ですが、新しいものを買い足す前に気をつけていることがあります。

スポンサーリンク

新しい定番品を購入する前に在庫品から使う

それはサンプルなど頂きもので入手したものや実家からもらったもの、似たような性能のもので使っていないものなどを先に使ってから定番品の追加を買うこと。

最近ではベーキングパウダーの替わりに食品用の重曹を代用したり、歯磨き粉の替わりにマウスウォッシュを使ったり、液体洗濯用洗剤の替わりにジェルボールを使ったりしています。

使い慣れているものがあるとどうしてもそちらを使いがち。

他のものがいつまでたってもなくならないんですよね。

長く置いておくと品質劣化も気になります。

定番品の在庫がない状態であれば、在庫品を使うしかないので一気に消費が進みます。

それらがなくなってから新しいものを購入するようにすれば収納スペースもすっきり。

家にある在庫を使うので節約にもつながります。

また、

「はやく使わないと。」

と思うこともなくなるので頭もすっきり。

まとめ

当たり前のことなのですが、これを意識するようになっていつまでも使っていない消耗品が棚の中に存在し続けることがなくなりました。

使い切れると本当に気持ちいい。

今後も購入する前に

「同じようなモノが家にないかな?」

考えるクセをつけていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly