株主優待や配当目当てで投資を行う際に銘柄を選ぶ2つのポイント。2

以前、桐谷さんの投資銘柄を選ぶ基準について書きました。

今回の記事ではよりサラリーマンに近い年収300万円の方が、利回り重視の銘柄選びで資産を2億4,000万円にしたとのこと。

年間の年間の配当収入は561万円。すごすぎます。

スポンサーリンク

この方の銘柄選びの基準値は

PER10倍以下、PBR0.4倍以下、配当利回り4%以上

桐谷さんの基準(PER15倍以下、PBR1倍以下、配当利回り4%以上)と比較してもかなり厳しい銘柄選びといえます。

投資できる資金が少ないからこそ、それくらい厳しめで投資するのがいいかもしれませんね。

実際にSBI証券のスクリーニング機能を使って上記条件で銘柄選びをしてみたところ、該当銘柄はほとんど出てきませんでした。

現在株価も上がってきているのでなかなか条件に合うものは少ないようです。

次の○○ショックがきたら仕込みのチャンスかも!

ただし、割安だからといって全てが「買い」という訳ではありません。

倒産してしまえば損失が発生します。

なぜ安いのか?」を考えて投資する必要があります。

あと、表を見ていて気になったのが自己資本比率

そもそも自己資金比率って何?ここの基準はあるのでしょうか?

会社が資金を調達する方法は、大きく2つしかありません。他人(銀行など)から借りるか、オーナーである株主に出資してもらうか、 です。

自己資本比率とは、会社が持っている資産のうち、何%を株主の出資で購入したか? という割合のことをいいます。

参考:自己資本比率とは?株初心者が5分でわかる決算書入門

株式投資においては、少なくとも自己資本比率が40%以上であることが、ひとつの目安になります。自己資本比率が40%以上であれば、上場企業の平均以上に健全な財務体質であるといえます。理想を言えば、自己資本比率が60%以上であるとよいでしょう。

参考:自己資本比率とは?株初心者が5分でわかる決算書入門

他の記事もいくつか読みましたが、大体同じような感じでした。

自己投資比率が60%以上がひとつの目安となりそうです。

SBI証券は、わたしがはじめて開設した証券口座(以前はイートレード)で、8年以上使っていますが初心者でも使いやすくておすすめです。

SBI証券

今回の記事が、これから株をはじめてみようかな?という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly