中国バブル崩壊の影響は?やるべきことは淡々と行動することだけ。

バブルの報道があってからわずか1ヶ月。中国の株価が急落しています。

「よくわからないけど買えば上がるらしい」「儲け損ねたくない」そういう心理が株価を押し上げた形でしょうか。

借金してまで株取引を始めた若者、信用取引(現金や株式を担保にしてその数倍分の株式取引をする)をしていた個人投資家はこれからどうなるのでしょうか。

周りからみれば異常な状態でも、その中にいるひとにはわからない。
崩壊してから初めて分かる。それがバブルっていうものなんでしょうね。

週末には少し反発しました。
このまま収まるかもしれないし、そうでないかもしれない。

今後の動向が気になります。

スポンサーリンク

わが家の投資状況は?

セゾン投信もやはり影響を受けています。
評価額も-12万円ほどになっています。

SBI FXトレードの外貨積立も若干マイナスが出ています。

先月の運用状況はこちら↓

セゾン投信「資産形成の達人ファンド」積み立てがはじまりました。
以前記事にしていたセゾン投信で新たに積み立てを開始する件、マネーフォワードにログインすると積み立てが開始されていました。 ...

とはいえ、こんな時、特にすることはありません

セゾン投信は自動積み立てなので淡々と毎月同じ額を積み立てるだけです。

もちろん積立額を変更したり、スポット購入も可能です。

取得単価が下がるとたくさん買えるので逆にOKです。

いまの含み益があるのも、マイナスを気にせず積み立てた結果。
ほったらかしでこれからどう育っていくのがか楽しみです。

投資は心理的要因が大きい

はじめにこうしよう!と思っていても実際その場面になればルール通りに動けない。

投資を通じて自分の心の弱さが見えてくる。
ここ数日円高傾向だったので、ひさしぶりにSBI FXトレードにログインしました。指値しようとしましたが、「いやいやまだ下がるかも」と様子をみ...
  • ルール通りに淡々と。
  • 短期ではなく長期でみる
  • リスク管理。

できることはこれくらい。

あとは、投資は自己責任と余剰資金で

きちんと自己管理できれば、投資は可能性があって面白い。

身の丈にあった投資方法でお金を増やすことを楽しみたいな、そう思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly