変わりたい人がやるべきこと。「決断」と「行動」で人生は大きく変わる。

いまの現状を変えたい。

だけど

部屋が片付かない。

考えがまとまらない。

物事が前に進まない。

そんなことってないでしょうか?

それを変えていくには「決断」と「行動」が重要です。

スポンサーリンク

物事が片付かない理由

それは自分の中の「面倒だな。」と思う気持ち。

「いつかやろう。」と決断を先延ばしにして中途半端なままで放置したものがどんどん積み重なっていく。

どこから手をつければいいかわからなくなって見ないフリをする。

それを解決するには、決断と行動をセットにして進めていく必要があります。

決断する勇気・行動する勇気

その決断が正解か不正解かはやってみなければ分からない。

やってみるには決断する勇気が必要。

だけど「間違っていたらどうしよう?」と決断することが怖い。

だからひとまず決断せずに先延ばしにしておこうという心理が働きます。

だけどそれでは何も解決しない。

ずっと「あれどうしようかな。」「本当はやらなきゃいけないのはわかっているんだけど。」とモヤモヤした感情が残ります。

状況を変えたければ、そのひとつひとつに一気に自分で片を付けなければなりません。

失敗をおそれない

決断できないのは失敗するのが怖いから。

わたしもずーっと「正解はなんだろう?」と思って生きてきました。

しかも「他人から見た正解。」を探していました。

人の評価ばかりを気にして生きていきました。

だけど、いまは「自分軸で判断しよう。」という考えが持てるようになってきました。

それは、色々失敗しながらも自分で調べて、決めて、行動する癖がついてきたから。

失敗したからといって終わりじゃない。

失敗しても次に活かせばいい。

失敗はして当たり前。恥ずかしいことではない。

そう思えるようになってからは決断することが怖くなりました。

だからちいさな失敗を色々経験して「意外とこわくないぞ。」ということを自分に教えてあげることがとても大切なんです。

決断・行動がはやい人は成長もはやい

周りの人を見ていても決断、行動がはやい人は失敗しながらも確実に成長しています。

逆に何も決断できない人は成長スピードも遅い。

自分がどっちになりたいのか?

わたしはもちろん成長できる人。

だから、決断できる人になろう!と思いました。

成長したい。

変わりたい。

そんな人は是非、決断→行動→ちいさな失敗(成功)→改善のサイクルを意識してみてください。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly