手入れしてでも使いたいモノと量。モノを大切にする本当の意味。

昨年から断捨離を進めてきて、ずいぶんモノの量が減りました。

特に物置状態だった2階の子供部屋。

いまのところ部屋としては使っていませんが、メルカリで販売しているものやリサイクルショップに持ち込むもの、ゴミ処理場に持ち込むものの一時置き場になっています。

リビングや寝室から出た不用なものは一旦この部屋に置いて、「売るもの」、「捨てるもの」に仕分けします。

「やっぱりもう1回使う」となるものはほとんどありません。

一時置きをせずにパッとその場で判断できればいいんですが、なかなか難しい時もあり。

少しずつ即断即決できるようになっていきたいなと思っています。

さて、ものを手放すことになってから気づいたことがありました。

スポンサーリンク

モノとじっくり向き合っていますか?

中古のものを手放すとき、できるだけ汚れがないかチェックします。

細かいところまで確認して、分解できるところは分解して、取れる汚れは全部取る。

先日メルカリでダンナさんのフィギュアを出品した時も、布で拭いてみると細かいホコリや汚れが取れました。

細かいパーツもあったので結構時間がかかりましたが綺麗になってスッキリした気持ちになりました。

他にもゲーム機や掃除機、ダイニングテーブルなど色々なものを手放した訳ですが、その作業をしている時ふと「こんなにこのモノをじっくり見て、ちゃんとメンテナンスしたのは今日が初めてかもしれない。」と思いました。

自分の手を離れて他人に渡ることが決まって初めてきちんとメンテナンスする。

そうではなく、家にあるときからきちんとメンテナンスして大切に使うことを心がけたい。

そのためには時間をかけてメンテナンスしてでも使いたいモノ、できる量を改めて考えてみる必要があります。

ゆるりまりさんの「なんにもない部屋のもの選び」にも厳選に厳選を重ねたものを、大切にお手入れすることが紹介されています。

モノを大切にするという本当の意味について改めて考えさせられました。

「もったいないから。」と片付け続けておくことが、モノを大切にしていることではない。

わが家も今年中にもっとモノの内容と量を見直してみたいなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly