メルカリを使って資格系の参考書を安く手に入れる5つのポイント。

現在、複数の資格の勉強をしています。

1~2年のスパンで考えていて、全部で3つの資格取得を目指しています。

  • 仕事に関係する資格…1
  • 自分の興味のある資格…2

この中で一番難易度が高いのは「仕事に関する資格」です。

最初はさっぱりでしたが勉強する中で徐々に理解も深まり面白さも感じてきたので是非とも受かりたいところ。

ネックは参考書などの値段の高さ。

公式テキストと過去問、問題集などをAmazonなどで新品で購入すると4~5万円かかります。

(問題集は廃盤になったりしていて定価3,000円台のものが3倍以上になっていたり。)

そこで、できるだけ費用を抑えるためにメルカリを活用することにしました。

スポンサーリンク

メルカリを利用した上手な参考書の探し方

1.最新版を手に入れる

公式HPをみて、最新版が第何版であるかを確認します。

ぱっとみて表紙のデザインが同じでも内容が改定されている場合があるので、最新版を手に入れるようにします。

参考書を購入する前に必ず出品者の方に発行日と何版であるかを確認しましょう。

最近発行されたものは中古で出回ることが少ないので、さっさと新品を購入します。

2.購入条件を決めておく

基本的に値段と状態は比例します。

たまに未使用品が格安で出品されていますがそれは稀なこと。

特に人気資格のテキストはすぐに売り切れてしまうので、自分がどんな条件なら「買い」なのか事前に決めておきます。

大きくは2つに分けられます。

  1. ラインが引いてあったりして使用度が高いが価格が安い
  2. 書き込みなどがほぼないが価格はそこまで安くない

わたしは人の書き込みなどが気になるタイプなのでできるだけ書き込みのないものを探しました。

それでも定価の30~50%OFF程度で購入できる場合があるので、いいなと思ったらすぐに購入するようにしています。

3.購入期限を決める

試験日から勉強スケジュールを逆算して「この日までには手に入れたい。」と期限を決めます。

その日までに欲しい条件の出品がなければ新品を購入します。

4.最安値を狙わない

いい状態のものを安く手に入れたいというのは誰しも思うことですが、その分競争率が激しいです。

すでに適正価格であるのに「もう少しお値下げ可能でしょうか?」などコメントしている間に他の人に買われてしまうというのをよく見かけます。

「まぁいいか。」と判断したら価格交渉せずにさっさと購入しましょう。

5.合わせ買いで安く購入できる場合も

資格系の参考書を出品している人は別ページで問題集なども出品している人も多いです。

その場合は複数まとめて発送してもらうことで価格を下げてもらう交渉をすることも可能です。

ただし、これも交渉中に他の人に買われてしまっては意味が無いので、欲しいと思ったらさっさと購入する方がおすすめです。

まとめ

以上が参考書などを定価で購入する前に「安く手に入れる方法はないかな?」と考えて実行したポイントです。

一番の目的は試験合格で、そのためには1日もはやく勉強を始めるのがポイントですので、参考書や問題集を探すのに時間をかけすぎるのはおすすめしません。

とりあえずわたしもブログでいい報告ができるようにがんばります。

これからメルカリを始めてみようかな?という方へ

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん

フリマアプリ「メルカリ」
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ
フリマアプリのメルカリ再開。出品から3分で売れました。
ラインモールが終了してからフリマアプリから遠ざかっていましたが、色々手放したいものが増えてきたため、メルカリを再開してみることにしました。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly