自転車に乗るなら知っておきたい法律改正の14項目と個人賠償責任保険。

2015年6月から改正道路交通法が施行され、全国ではじめて自転車運転者講習の受講命令が出されました。

自転車危険行為14項目に3年間で2回取り締まりの対象になると有料の講習を受ける必要があります。
近年、自転車と歩行者の交通事故は増加傾向にあります。

わが家でも保育園の送り迎えに毎日自転車を使っているので他人事ではありません。

改めて自転車について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

自転車危険行為14項目とは

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反(歩行者専用道路の走行など)
  3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  6. 遮断機が降りた踏切への立ち入り
  7. 交差点安全進行義務違反など
  8. 交差点優先車妨害など
  9. 環状交差点での安全進行義務違反など
  10. 指定場所一時不停止違反など
  11. 歩道通行時の通行方法違反
  12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反(傘差し運転、携帯をみながらの片手運転など)

対象は14歳以上の運転者。

3年以内に2回取り締まりの対象になると「自転車運転者講習」を受ける義務があります。(手数料5,700円。)

この講習を受けないと5万円以下の罰金刑になります。

また自転車は道路交通法上、軽車両になりますので標識を守る義務があります。

標識

出典:警視庁HP

以前ドイツを訪れたとき、自転車道路が整備され、電車にも自転車用の車両がありとても快適そうでした。

日本の道路は道幅が狭くごちゃごちゃしていて自転車は車道も歩道も走りにくい状況です。

道路整備が進むことを望みます。

傘さし運転もNGなので雨の日はカッパやレインコートを着る必要があります。

法律改正の動きがあってか、自転車用のレインコートが売れているらしいです。

自転車の雨の日対策にまとめた記事はこちら。

雨の日対策。自転車での保育園送り迎えを快適にするアイテム。
最近雨の日が多くないですか? 特に朝。バタバタしている上に雨となると凹みますよね。 最近購入したものも含めてご紹介します。

そして忘れてはいけないのが保険。

自動車と同様、自転車事故は加害者にも被害者にもなる可能性があります。

個人賠償責任保険をつけておけば、万が一自分が加害者になったときも安心です。

加入済の火災保険や、自動車保険などですでに加入している可能性もありますのでまずは契約内容を確認してください。

リクルートカードなどJCBブランドのクレジットカードのトッピング保険で日常生活賠償プラン(月額130円)、自転車プラン(月額260円)というものもあります。

家族全員が保証の対象になり個人賠償が最高1億円まで付いています。

自転車プランは入院や手術の場合も保険金が出ます。

保険は基本的に不要派ですが、これくらいの金額であれば備えておいてもいいですね。

自転車は便利で手軽ですごく快適な乗り物です。

事故に遭わないよう、ルールを守って気をつけて運転したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly