使用頻度の低いものは持たない。自転車の空気入れを断捨離。

わが家には自転車が2台あります。

息子の送迎用の電動自転車とダンナさんのマウンテンバイク。

それと空気入れが1台。

今回空気入れが壊れたため、断捨離することに。

新たに購入することは止めました。

スポンサーリンク

空気入れの使用回数

さて家にあった空気入れ、何回使ったのでしょうか?

わが家場合、月に1回or2ヶ月に1回?というくらいの使用頻度です。

パンクの経験から、空気の量は定期的に計るようになりましたが、実際の使用頻度としてはそこまで高くありませんでした。

あとはほとんど屋外の駐輪所に置いたままになっていました。

空気入れが壊れた原因

長い間外に置いていたため、プラスチック部分が劣化して破損してしまいました。

もし次に購入することがあればパナレーサー 空気入れ ミニフロアポンプ 米式/英式/仏式バルブ対応 [フットステップ装備] BFP-AMAS1のようなコンパクトなサイズのものがいいかもしれません。

下駄箱に入れておけば日光や風雨による劣化も防げます。

無料で使える空気入れのある場所

駐輪所

いつもお世話になっている駐輪所に無料で使える空気入れがあるのに気づきました。

使用料の更新の際に「使ってもいいですか?」と聞くと丁寧に使い方を教えて頂けました。

手で押すタイプではなく、タイヤに当てると自動で空気が入る仕組みなのであっという間に空気入れが完了です。

駐輪所はほぼ毎日利用しているので時々使わせて頂こうと思います。

自転車屋さん

自転車屋さんの店頭にも「ご自由にお使いください。」と無料で空気入れを使わせて頂けるお店があります。

とても助かります。

お店の空気入れは利用したことはありませんが、機会があればお世話になりたいと思います。

使用頻度の低いものは持たない

「あったら便利。」という視点で選び出すとものは一気に増え出します。

そして今回のように使用頻度が低いと、結局高くついたなということになってしまいます。

よく考えて購入するのかしないのか冷静に判断したいものです。

  • 絶対に必要なもの
  • 生活に潤いを与えてくれるもの

この2つの視点で厳しくモノ選びをしていきたい。

シンプルだから、贅沢」をちょうど読んでいて、改めてそう感じました。

シンプルだから、贅沢

シンプルだから、贅沢(Amazon)

シンプルだから、贅沢(楽天ブックス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly