出産祝いで手放しにくかったモノ。自分があげる側としてのポイント。

息子を出産した時には色々なものをお祝いで頂きました。

  • 洋服
  • 雑貨類
  • おもちゃ
  • 絵本

ありがたく使わせて頂いたものも多いのですが、数が多すぎて使いきれず未使用のまま手放したものもあります。

うちでは使わないものもほとんどが手元から離れていったのですが、どうしても引き取り手がみつからずに手元に残ってしまったものがあります。

スポンサーリンク

引き取り手が見つからなかったもの

それは

  • ブランド品だけど使わないアルバムとフォトフレームのセット
  • 趣味じゃないノーブランドのこども服

どちらも新品ですがこの2種類のものはメルカリやフリマに格安で出品してもことごとく売れ残ってきました。

宅配買取でも買取不可の品目に入っていることがほとんど。

どうしようかな?とずっと手元にありましたがこれはもう世間のニーズがないと判断して近いうちに処分して家をスッキリさせたいと思います。

身近に使ってくれる人がいればいいんですが、該当する人がいない&断捨離をしている身としてはあげるのも迷惑かなと気がひけます。

プレゼントの選定ポイント

贈って頂いた方の気持ちはありがたいです。

でもわが家には必要ないものでした。

わたしも今まで使いにくいものを数々プレゼントしてきたのでは?と思ったりもします。

本当、人へのプレゼントって難しいですね。

今後、自分が何かプレゼントする際には

  • 可能であれば相手のほしいものを聞く
  • 現金やギフトカード
  • 消耗品

などできるだけ使いやすいものを選択したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly