こどもの弱視が発覚!原因は?治るの?

わが家の4歳の息子が保育園での視力検査でひっかかり、眼科で再検診してくださいとの通知を受けました。

周囲のお母さんに聞いてみると今年から眼科の先生が変わったということもあり、検査でひっかかる子が多数いたとのこと。

眼科で検査した結果、まったく問題なかったという話を聞いたので「まぁ大丈夫かな。」と思って検査を受けに行ったところ、弱視が判明しました。

スポンサーリンク

弱視について

弱視とは

メガネで矯正しても1.0以上の視力がでない状態のこと。

こどもの視力は赤ちゃんの時は光が分かる程度ですが成長にしたがってものをはっきり見ることができるようになります。

しかし発達の途中で何らかの原因でものが見えにくい時期があると、視力の発達が遅れてしまうことがあります。

弱視の原因は?

  1. 先天性の目の病気
  2. 生後2~3ヶ月から3歳頃の幼児期に、斜視や強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)があり、鮮明な画層を映していない目から得られた情報が抑制され、正常な目のみが働くようになり視力が上がらなかったもの

うちの場合は2で「遠視と乱視が原因」とのことでした。

わたしもダンナさんも目が悪いので最初は「遺伝なのかな?」と思ったのですが、2人とも幼少期は特に問題なく、近視になったのはもっと成長してからのこと。

結局、遺伝との因果関係ははっきりしないとのことでした。

弱視の治療

メガネをかけてはっきりした画像を常に脳に伝えるようにします。

眼科の先生によると3~4年で改善する子も多いとのことだったので、気長に付き合っていこうと思います。

正確な屈折度検査

正確な目の屈折度をはかるため、アトロピン点眼薬という目薬を朝晩1週間さして、再検査を受けることに。

この目薬には目の調節機能を休ませる機能があります。

副作用としては

  1. 目のピントが合わせにくくなる
  2. 瞳孔が大きくなり光にあたるとまぶしく感じる

目薬をやめて7~10日で元の状態にもどるとのこと。

うちはどちらの症状も出ていたので保育園の先生に伝えて少し注意してもらうようにしました。

まとめ

3歳児検診と昨年の保育園での視力検査では指摘もなく、見えにくそうにしている感じもなかったので、診察の結果を聞いて見えていないことに気づけなかったことに申し訳ない気持ちになりました。

いまできることは毎日しっかりとメガネをかけて視力の向上に努めること。

処方箋を書いてもらってメガネを作りにいってきたのでまた時々記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly