行動することが自分を変える最短の方法。

「本当はこうしたいんだけど」
といいながら、そのままになっていることってありませんか?

「時間がない」「自分にできるかわからない」「いまさら遅い」
未知のことに挑戦しようとすると、色々言い訳が出てきます。
でも、それを決めているのは自分の固定観念だけなんです。

それでも動き出すには?

スポンサーリンク

答えは簡単です。
ちいさく行動すればいいんです。

大きく変えようとするから、完璧にしようとするからはじめの一歩が踏み出せない。
ちいさなステップからはじめれば、怖くない。

やっていくうちに見えてくる風景が少しずつ変わっていく。
乗り越えなければならない課題もみえてくる。

0を1に変えるチカラってすごいと思うんです。
そこからすこしずつ増やしていけばいい。

0のままだと時間だけが過ぎていってなにも変えられない。
長年その想いだけを持ち続けているひとって多いと思います。

行動した人だけが成長できる。

わたしも最近少しずつ行動に移せるようになっていきました。
完璧を目指さず、向いていなければやめればいい。
「自分には向いていなかった」という経験が得られただけで成果あり!です。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。
(アントニオ猪木さんの名言)

これに尽きると思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly