2016年の家計簿。毎月、年間、貯金からの出費と投資について。

2015年も残すところわずかになってきましたね。

すこし前から2016年の家計簿について考えていました。

2016年はさらにシンプル家計管理へ。貯まる家計に必要なこと。
結婚してからつけ始めた家計簿。 はじめはきっちり袋分けしていましたが、だんだんと面倒になり、家計管理の方法も年々ざっくりになってきまし...
確実に貯金を増やすために必要なこと。家計は年間予算で把握しよう。
月々の家計はある程度把握できるようになってきた中で、思ったよりも貯金の増え方が少ないなぁって感じることがありました。 分析してみると色...

今年の実績を元に、来年はこんな感じにしてみようかなっていう方向性が大体できたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2016年わが家の家計予算

毎月の生活費

約23万円

  • 食費
  • 日用品
  • 水道、電気
  • 住居
  • ガソリン
  • 携帯
  • 夫婦のお小遣い
  • 保育園

などなど…

年間の生活費以外の費用

約105万

  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 帰省
  • 医療費
  • 冠婚葬祭
  • 行事・イベント
  • 被服
  • 旅行

などなど…

うち必要な項目…約43万円、あったら嬉しい項目…約62万円。

年間の全体予算

1.必要な出費+あったら嬉しい出費
23万円×12ヶ月+105万円=381万円

2.必要な出費
23万円×12ヶ月+43万円=319万円

今回はここを2パターン考えておくことをポイントとしました。

ここを分けて把握してくことで、不測の事態に陥った場合(リストラ、収入減など)でも慌てずに済みます。

最低限いくら必要か?どの項目は最悪削っても大丈夫か?を理解しておけば、生活が苦しい時期でも生活レベルをある程度維持しながら一時的に出費を抑えることが可能です。

貯金から出す項目

住宅ローンの繰り上げ返済、教育費代わりの保険代など。

貯金目標

貯金=収入-支出

最近、どれだけ貯金できるか?というより無駄な支出をどれだけ削れるか?というところに面白さを感じています。支出を減らすことができれば自動的に貯金に回せる額が増えるということで、より支出を減らし、残りを淡々と貯金していこうと考えています。

現金:投資=50:50を目標に、生活防衛費、入院対策費などは現金で置いておいて、すこしずつ投資に回していくイメージです。

投資先としては

この辺で運用していきたいと考えています。

わたしは投資のプロではありませんので、難しいことはできません。

分散投資(金額、時間)を心がけていきたいなと思っています。

まとめ

家計管理のことを考えるとワクワクします。

こうしてみようかな?こうしたほうがいいんじゃないかな?

って考えるのが結構好きです。

まずは「こんな風に暮らしたい。」という気持ちから全体地図を描いてみて、実際にやりながら修正点やもっといい方法を見つけていく。

各家庭によってお金のかけどころは違います。

是非あなたらしい家計管理の地図を描いてみてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly