お金持ちと成金の違いを知る。一生お金に困らない生き方のヒント。

お金持ちってよく聞くけど、具体的にどういう人のことを言うのでしょうか?

野村総合研究所のHPで、お金持ちの世帯階層についてまとめられていました。

スポンサーリンク

ここでは純金融資産保有額に基づいて下記のように5段階に分類しています。

超富裕層:5億円以上

富裕層:1億円以上5億円未満

準富裕層:5,000万円以上1億円未満

アッパーマス層:3,000万円以上5,000万円未満

マス層:3,000万円未満

ピラミッド

2013年のデータですが、お金持ちって結構いるもんですね。

超富裕層は金融資産5億円以上ですか。スゴイ!

「自分には絶対無理!」って思いますか?

でも実際にこういう人たちがいて、自分も同じようになる可能性が0ではないと考えれば面白く感じてきませんか?

いま、心屋仁之助さんの一生お金に困らない生き方を読んでいます。

その中で

お金持ちならどうするか、どういう基準でお金を使うのかを考えていけば、必然的にお金持ちに近づくはずです。

とあります。

これをモデリングといいます。

考え方や価値観をお金持ち基準にしてお金持ちに近づいていく。

ただし注意点がひとつ。

お金持ちと成金は違います。

成金は高いか安いかという「お金基準」でものを選びます。ほしくもないのに「高いもの」「高いとわかるもの」ばかりを選んでみたり。

でも本当のお金持ちは好きか嫌いか、便利か便利でないか、「自分の基準」で選びます。

あくまでも、モデリングするのは「自分の基準」で選ぶお金持ちのほうだということをお忘れなく。

お金持ちと聞くと「ブランド物」「豪遊」というイメージが沸く人も多いのではないでしょうか?

でも、それは成金の方で本当のお金持ちは無駄に飾らずシンプルに暮らしています。

そしてたくさん寄付をして社会貢献しています。

お金の入口よりも出口をどうするか?をとても大切にしています。

そう考えると、心が豊かな人=お金持ち 心が貧しい人=成金 とも言える気がしてきました。

お金について考え、行動していくのって人生において実はなかなか面白いことだと思います。

様々な情報の中から自分が「いいな。」と思うことをポジティブに取り入れて、軽やかに行動していくことがお金持ちへの一歩ではないでしょうか。

一生お金に困らない生き方(楽天)

一生お金に困らない生き方(amazon)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly