モノを減らすことで幸福度があがる。断捨離をして感じるメリット3つ。

モノを減らし続けて感じること。

断捨離にはメリットがいっぱいあるなと感じています。

スポンサーリンク

判断のスピードが上がった

モノ

ここ数年、モノを減らす生活を意識し続けた結果、入ってくるモノに対する判断が明らかに早くなりました。

特に頂きもの系。

いままでは判断できずにとりあえず「保留」という形にしてしまい、量は多いけれど好きなモノがない状態でした。

いまは手に入れる瞬間にそのモノに対してどうするか?という判断がはやくできるように。

  1. 必要(使う)
  2. 不要(受け取らない)
  3. 売る
  4. 捨てる

そしてモノを手放すことに対しても以前なら「せっかくもらったのに悪いなぁ。」という罪悪感のような気持ちがあったのですが、

「こちらのことを思って頂いた気持ちがありがたい。」と思うようになってからはモノは手元になくても気持ちだけ受け取ったと思えるようになりました。

買い物

好きなモノが分かってきたので買い物の時間がかなり短くなりました。

アウトレットに行っても「せっかく来たんだから何か買って帰らないと損。」と思っていたのですが、好きなブランドだけ見てほしいものがなければ帰るということも楽しめるようになりました。

レジャー

入場料がかかったりフリーパスがあるような場所では、以前は「できるだけ長く滞在したほうが得。」みたいな感覚がありましたが、メインの目的だけ楽しんであとは疲れない程度にゆっくり過ごして混雑する前に早めに帰宅するクセがつきました。

満足度が上がった

安いから、あったほうが便利だからという理由で「とりあえず買う」ということをやめました。

ちいさなモノでもじっくり考え、ダンナさんと相談して購入するようになったため、デザインや使い勝手も妥協することなく気に入って使えるようになりました。

数が少ないと使い方も丁寧になり、モノを大切に扱えるようになりました。

お金の使い方が変わった

自分たちが何にお金を使えば、そして何にお金を使わなくても満足なのか?

わかるようになってきました。

見栄のためにお金を使うことがなくなり、生きたお金の使い方ができるようになってきました。

まとめ

断捨離は単にモノを減らすという行為ではなく自分の判断軸を明確にできる効果もあります。

モノを減らして幸福度があがるなんて不思議ですよね。

この調子でゴールデンウィークも家の片付けを進めたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly